正しいヘアケア知ってる?パーマの種類に合ったスタイリング法

パーマには大きく分けてコールドパーマとホットパーマの2種類があります。両者の違いは単にパーマのかけ方だけではなく、ヘアケアやスタイリングの方法も変わってきます。それぞれの特徴を知り、正しいスタイリング法を身につけましょう。

パーマの仕組みとかけ方による特徴の違いを知ろう

私たちの髪の毛は引っ張っても簡単には切れず、折り曲げてもすぐに元の形に戻るなど、強度と柔軟性を兼ね備えています。これは一本の髪の毛が十数万本の繊維の束になっており、その繊維同士が化学的に強く結合しているためです。

パーマは、この繊維同士の結合を薬剤で切断し、そして好みのヘアスタイルを作り出すためにつなぎ直す技術です。コールドパーマでは薬剤の使用のみでパーマをかけますが、手軽な反面、パーマのかかりが弱いというデメリットがあります。

ホットパーマの場合には、さらに機械で熱を加えていきます。そのため、技術的な難度や価格はホットパーマの方が高くなりますが、パーマが強くかかるメリットがあります。

知っておきたいパーマに対する基本のヘアケア

まず、いずれのパーマにも共通する、髪質とパーマを維持するヘアケアのポイントを見ていきましょう。

パーマは薬剤による髪の繊維の再結合で定着しますが、これには時間がかかります。そのため、少なくとも施術から24時間は洗髪を控えましょう。汚れが気になる場合には、お湯のみで洗う方法がおすすめです。

シャンプーは刺激が少なく、アミノ酸系の洗浄剤が原料となっているものを選ぶとよいでしょう。洗浄力は少し弱いですが、頭皮や髪のダメージを抑えることができます。

また、ダメージを受けた髪の毛は乾燥しやすいため、シャンプーをした後にはしっかりとトリートメントをつけ、髪を保護するようにしましょう。

コールドパーマは適度に湿らせてからスタイリング

髪が濡れているときにウェーブが出るコールドパーマでは、髪を適度に湿らせた状態でヘアムースでスタイリングをするとよいでしょう。ヘアムースは、エタノールと精製水を使ってスタイリング剤を泡状に噴出させたものであるため、濡れた質感が出やすくなります。

髪型を整えた後は、自然に乾燥させます。髪が乾くとコールドパーマは緩んでしまうため、ドライヤーの使用は避けた方がよいとされています。

ドライヤーが必要な場合には、髪を指に巻いたり毛先をもんだりしながら、全体に軽く風を当てるようにしましょう。仕上げにワックスを毛先にもむようにつけると、パーマが長持ちします。

ホットパーマは乾かしながらスタイリング

一方、ホットパーマは乾いているときにウェーブが出ます。また、形状記憶性に富むことが特徴であるため、タオルでごしごしこすったり、クシやブラシを通したりするとパーマが崩れてしまいます。

スタイリングでは、コールドパーマよりも入念に髪を乾かすことが大切です。自然乾燥だと髪が絡まったり広がったりしてしまうため、注意しておきましょう。基本的にはドライヤーを使い、指に髪を巻きつけたり毛先をねじったりして、スタイリングをしながら乾かしていきます。

このように、パーマの種類によって適したスタイリングの方法は異なります。正しい知識を身につけて、おしゃれなパーマをさらに楽しんでいきましょう。