美しいパーマヘアをキープする3つのコツ

パーマをあてたときに気になるのが、パーマによる髪への影響。乾燥して髪がパサついたり、抜け毛が気になったりしていませんか?パーマをあてる前と後では、お手入れ方法も変わってきます。今回は、美しいパーマヘアをキープする3つのコツについてご紹介します!

パーマをあてた後は、念入りにヘアケアを

手軽にイメージチェンジできると人気のパーマ。でも、パーマをかけるときには髪のたんぱく質を無理やり薬剤で切断・再結合させるため、髪の弾力が弱くなったり、髪内部の水分量が低下してしまったりと、髪に負担がかかるのも事実。

さらに、紫外線やホルモンバランスの変化、睡眠不足など様々な要因が絡まり合い、髪はダメージを受けやすい状態です。パーマをあてる前と後では、ケア方法が変わってくるということを念頭に置いて、毎日のヘアケアを行っていくようにしましょう。

美しいパーマヘアをキープする3つのコツ

では、どのようにケアをしたら、美しいパーマヘアをキープすることができるのでしょうか?

アミノ酸系シャンプーで頭皮をしっかりマッサージ洗い

パーマをあてた後は、パーマの持ちをよくするためにも、普段使いのシャンプーにマイルドな洗い上がりのアミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。指の腹で地肌をマッサージするように洗うと、頭皮をスッキリ洗い上げることができます。

シャンプーのときの力加減がよくわからない場合は、シャンプーブラシを活用するのも手。超極細毛が、毛穴の汚れをしっかりとかき出してくれます。

インバス・アウトバストリートメントにアンチエイジング対策もプラス

シャンプー後は、インバストリートメントを忘れずに。トリートメントはケチらずに適量を守って、乾燥しやすい地肌は汚れの原因になるので避け、傷みやすい毛先へ重点的につけるようにしてください。中間から毛先にかけて、しっかりとなじませましょう。ラップをして5~10分程度置くのもおすすめ。ぬめりがなくなる程度にすすいだら、ドライヤーをかける前にアウトバストリートメントを。

最近では、頭皮のアンチエイジングに着目したスカルプケアアイテムも数多く登場しています。抜け毛が気になるという方は、毛先にはアウトバストリートメントをつけ、頭皮にはスカルプエッセンスをプラスしてみては。

炭酸系アイテムで頭皮の血行促進

パーマをあてた後、シャンプー前に週に一度は取り入れたいのが、炭酸系アイテム。血行促進、リフレッシュ効果などがあり、スカルプケアに最適です。

パーマをあてた後は、潤いを届けるケアを

髪は乾燥するとキューティクルがはがれやすくなり、内部構造がもろくなって、どんどん髪の乾燥が進んでしまいます。パーマをあてた後は、髪のダメージによって失われた潤いを届けるケアを心がけていきましょう!