パーマ液って頭皮によくないの?

パーマは今やヘアスタイルのおしゃれアイテムとしての一つですが、パーマをかけると髪の毛が薄くなった、抜け毛が増えた、など頭皮のダメージの話をよく聞きます。では、実際はパーマ液が頭皮や髪に与える影響はどうなのでしょうか?

頭皮に与えるダメージ

確かに、パーマ液は頭皮に少なからずダメージは与えます。しかし、パーマをかけない方がいい、というよりパーマをかえた後に行うケア方法で、頭皮へのダメージは少なくできます。

そのため、パーマをかけた後のケア方法が大切になります。

そもそもパーマはどのようにかかるのか?

一般的には髪の毛は、ケラチンというタンパク質でできています。このタンパク質は、18種類のアミノ酸で構成されています。18種類のアミノ酸の中で最も多く髪の毛に含まれているのがシスチンというものですが、このシスチンは結合されていて、切り離したりくっつけたりすることが出来ます。この特性を活かし、パーマはかけることが出来ます。

パーマにはいくつか種類があり使う液も様々ですが、基本的にはパーマ液1剤と2剤というものに分けられます。1液の役割は、髪の毛の中のシスチン結合という、言わば梯子のようなつながりを切り離します。2液というのは、その切り離したシスチン結合を再び結びつける役割をします。

1液のアルカリ剤によって、髪のキューティクルが開かれ、さらに1液の還元剤によってシスチン結合を切断します。次に、使うのが2液ですが、1液をしっかりと流したあとに、2液で切断した結合を再び結びつけます。この2液でシスチンを再結びつけると、あらかじめパーマをかえるときにロッドで巻き付けていたウェーブの形に固定されるのでパーマがかかるのです。

なぜ頭皮に影響があるの?

パーマのかかりは1剤の強さによって決まりますが、このパーマ1剤はチオグリコール酸アンモニウム、塩基DL-シスチン、強アンモニア水、臭素酸塩、過酸化水素などが配合されています。特にアンモニア系の成分はアルカリ性が強いため、頭皮へのダメージが強いと言われています。

そのため、これらの液が頭皮につかないようにすることが大切ですが、自宅で自分で行う場合などにはなかなか難しいものです。そこで、頭皮になるべくつかないようにするには、やはり美容院で行ってもらうのがおすすめです。

また、美容院であれば、頭皮にダメージが少ない液を使っているところも多いので、頭皮が弱い方などは相談することもできます。

パーマをかけた後はどのようにケアするべき?

少なくとも頭皮に影響を与えてしまうパーマ液ですが、パーマをかけたいとなるとパーマ液は避けることができません。

そこで、重要なのはパーマをかけた後の頭皮ケアになります。パーマをかけた後はパーマ液の薬剤によって頭皮が弱っているので、頭皮を健康な状態で保つことが抜け毛などの頭皮トラブルの予防になります。では、どういうケアをしたらいいのかポイントを見てみましょう。

・ 刺激の強いシャンプーやスタイリング剤は使わない
・ 頭皮の血行をよくするため頭皮マッサージをする
・ 保湿効果の高いシャンプーやスタイリング剤を使う
・ 頭皮を傷つけるのでゴシゴシシャンプーはしない

このように、パーマ液で傷まないようにするためには、パーマ後のケアをきちんと行うことです。また、美容室で行う際も、なるべく頭皮に優しいパーマ液を使っているところなどを探して、おしゃれのひとつとしてパーマスタイルを楽しみましょう!