まるでサロン帰りのようなパーマスタイルを持続させるスタイリング方法

サロンでスタイリングしてもらった時のパーマを毎日再現できればいいのですが、 コツを知らないとなかなか難しいもの。そこで、ここではまるでサロンでセットしてもらったかのように仕上げられるスタイリング方法を紹介します。

パーマのスタイリング方法5ステップ

必要な道具

・ドライヤー
・クリップ
・霧吹き
・洗い流さないトリートメント
・オイルやワックスなどのスタイリング剤(ワックスはやや水分が多めの、ライトハードくらいがおすすめです)

「洗い流さないトリートメント」には、オイルタイプやクリームタイプなど色々ありますが、基本はどれでもOK。パーマ用のものならなお良いと思います。

1.しっかりタオルドライする

「もうタオルで取れる水分は無い」というくらい、根元までしっかりタオルドライします。こうすることで、乾かす時間を大幅に短縮できます。

2.洗い流さないトリートメントをムラなくつける

トリートメントのつけムラがあるとダメージに繋がりますし、リッジの出方にもムラが出ます。根元にはつけないようにして、パーマが掛かっている部分にだけしっかりつければOKです。

どうしても乾かすとバサバサになってしまうという人は、ここでトリートメント:ワックス=1:1のものをつけると、しっとりまとまりやすくなります。

3.髪を上下に分けて、パーマ部から乾かす

耳の高さあたりで上下に分け、クリップで留めます。そして襟足側から乾かし始めます。パーマ部を手で持ち上げながら軽く握り、クシャクシャしながらドライヤーの風を当てます。 ドライヤーの風は髪に当てるというより、手の中に風を入れるというイメージです。パーマ部が乾いたら、毛束を持ち上げながら根元を乾かします。

この時、もう乾いている部分には極力風を当てないように注意します。髪とドライヤーを近づけ過ぎずに、ドライヤーを動かしながら当てれば、強風でもOKです。20cm以上は離しましょう。普通は「根元から乾かしましょう」と言いますが、そうすると根元が乾く前にパーマ部が乾ききってしまう事がほとんどです。ですので、根元は後回しにします。

4.全体のバランスを見る

どこかウェーブが弱いところがあれば、霧吹きで手を濡らして、その手で弱い部分を握るようにしてください。そうすれば他となじむくらいにウェーブが復活します。ボリュームが物足りなく感じる時は、ドライヤーを下から当てて風を内部に送り込むようにして乾かすとふんわりします。

5.スタイリング剤をつける

ここでもブロッキングをして、丁寧にスタイリング剤をつけます。下からもみ込むようにつけるときれいに仕上がります。