ウェットなパーマスタイルが作れる!グリースワックスの使い方

パーマスタイルの人に最近人気があるスタイリング剤が、グリースワックスです。特に男性を中心に人気が広がっていると言いますが、どのようなワックスなのでしょうか?使い方と合わせてご紹介します。

ポマードのようなツヤが人気!

そもそもグリースワックスとはどのようなものなのでしょうか。グリースワックスとは、水溶性のワックスのことで、濡れたようなツヤを出してくれるワックスです。ポマードのようなツヤというと分かりやすいでしょうか。

具体的には、クールグリース・87g・972円、アリミノ・グリースワックス・35g・1,296円などの商品があります。バリバリには固まりませんが、セット力もそこそこあり、固まらないので付けた後に手ぐしでスタイルを整えることができ、とても使い勝手が良いです。

ウェットなスタイルに仕上がるので、髪を立たせたスタイルなど、特に短い髪に適しています。ウェットなパーマヘアはモード感が出ておしゃれだと、男性を中心に人気があります。

手持ちのワックスと混ぜて使うのがおすすめ!

では、グリースワックスの使い方を見てみましょう。おすすめは、手持ちのワックスに混ぜて使うことです。ワックスの硬さにグリースのツヤがプラスされて、バランスが良くなります。おすすめの比率は、ワックス:グリース=2:1くらいです。

基本の付け方は、手のひらから指の腹まで全体に伸ばし、襟足からトップにかけて髪の内側からかき上げるように馴染ませます。

その後、毛先を動かしたり、カールやウェーブスタイルの場合は揉み込んだりして仕上げます。不自然に固まることはないので、何度でもスタイルを作り直せます。また、グリースワックスは水溶性なので、お湯で洗うと簡単に落ちるのも嬉しいところです。

実は女性にも人気急上昇中!

グリースワックスというと男性のものというイメージが強いですが、女性の間でも人気急上昇中です。女性ならではの使い方をご紹介します。

1.ショートならモードっぽく

グリースワックスは短い髪との相性が良いので、ショートヘアには文句なしにぴったりです。全体に馴染ませてウェットに仕上げるとモードっぽくておしゃれです。

2.ミディアム~ロングは毛先にツヤ感を

ミディアム以上なら、毛先だけにグリースワックスを付ける方法がおすすめです。パサつきがちな毛先をグリースがカバーしてくれます。

3.おくれ毛がまとまるので、まとめ髪にも

グリースのツヤ感を生かして、まとめ髪にも使えます。ピンとはねた短い髪を撫で付けたり、おくれ毛をまとめたりすることもできます。無造作なまとめ髪が流行っていますが、ツヤ感がないとボサボサに見えやすいです。そんなときはグリースの助けを借りましょう。

以上が、グリースワックスの使い方です。男性にも女性にも便利なグリースワックス、1つ持っておくと便利ですよ!