憧れのあの人になりたい!芸能人風パーマを作るには?

憧れの女優さんのようなパーマを作りたい、と考える人もたくさんいるはずです。失敗なく、かつキレイに、そして再現度を高くするためには、どのような注文をすれば良いのでしょうか?

今回の記事では、芸能人風のパーマを作る方法を見ていきましょう!

切り抜きを持って、まずは美容院へ!

「この人のようなパーマをかけたい」というのが決まったら、まずは切り抜きを持って美容院に行きましょう!美容師さんの多くは人気のある芸能人をチェックしていますし、口頭で「○○さんのような髪型にしてください」とお願いしても、きちんと対応してくれるケースが多いです。

しかし美容師さんも人間ですから、どうしても細かいニュアンスなどは思い出せない可能性があります。そのため、切り抜きを持っていくと、より再現度が高くなります。正面の状態だけでなく後ろやサイドの写真もあると、さらにポイントが高いです!

髪質や髪の長さでパーマを選ぶ

人間の髪質は一人ひとり違うものです。そのため「この芸能人のような髪にしたい」と思っても、自分の髪の毛には合わないヘアスタイルだった、ということはよくあります。

もちろん「憧れの芸能人と同じ髪型をすること」が目的ならばこれでもいいのですが、「自分に似合うパーマをかけたい」ということであれば、これでは本末転倒ですよね。

このような場合は、思い切って美容師さんに相談するのがおすすめです。「△△さんのようなパーマを作りたいのですが、私の髪質には向いていますか?」と。

美容師さんは客商売ですが、向いていない場合ははっきりとそう告げてくれるケースがほとんどです。そして必ず、あなたの髪質に合う別のパーマを提案してくれます。

芸能人風のパーマは、普段の洋服も考慮して選ぶ

優しい雰囲気を漂わすパーマ(例えば宮崎あおいさんなどですね)、個性的で独特のパーマ(木村カエラさんなど)、その他にもいろんなパーマがあります。

髪質によって選び方を変えるのも大切ですが、「普段、自分がどんな格好をしているか」というのも「どんなパーマをかけるか」において重要なポイントとなります。

せっかく憧れの芸能人のようなパーマをかけても、それが自分の普段の格好とちぐはぐだったら、かなり悲しい出来になってしまいますよね。そのため「芸能人とまったく同じパーマをかけること」ではなく、「芸能人を参考にして、私自身に似合うパーマをかけること」を心掛けることをおすすめします。