ワックスだけでOK!パーマを無造さヘアに仕上げる方法

毎朝セットが楽チンなパーマスタイル。でも時間が経つにつれ、だらしなさを誤魔化すためにまとめ髪ばかり…なんとかできない?と困ったことはありませんか?ワックスだけで出来る、簡単セット方法をご紹介。

なんでワックスが良いの?

ワックス、ジェル、ムースなど、豊富なスタイリング材の中でなぜワックスをオススメするかというと、ワックスは「セット力が続く」「初心者も付ける量を調整しやすい」「オイルなどと混ぜて使える」と、使いやすさが抜群だからです。

特にパーマスタイルの軽さやくしゅくしゅした動き、束感などが出しやすく、どんなヘアスタイルにしたいかで種類も豊富なので、ぜひお気に入りを見つけて欲しいスタイリング材です。手がベタベタするのが気になる方でも、最近ではハンドクリームとしても使えるワックスも出ているので、好みが必ず見つかるはず。

では早速、お気に入りのワックスを見つけて、パーマスタイルをもっと可愛くスタイリングしましょう。

ワックスだけでイメチェン!たった3ステップの無造さヘアの作り方

まずパーマスタイルのスタイリングのポイントは、濡れた状態からスタイリングを始めることです。濡れた状態といってもビショビショに根元から濡れているのではなく、根元が乾いていて、スタイリングしたい部分が湿っている程度がベスト。髪は完全に乾くとその状態で固まってしまうので、必ずここから始めてくださいね。では早速、ワックスでスタイリングしていきましょう。

1.ワックスを適量手に伸ばす

まず、ワックスをパール1粒程度手のひらに取り、指の間まで手のひら全体に伸ばしてください。

2.髪全体にワックスを付ける

髪の内側に手を入れ、下から上に髪を持ち上げるように、ワックスを髪全体に付けます。これで大体のスタイリングは完了。このまま自然に乾かせば、くっきりパーマが1日キープできます。

3.仕上げのひと手間

髪全体を見て、ふんわり透け感のあるウェーブを出したい部分には、指先で毛束を引っ張り出すように、束感を出したい毛先は、指先でねじるようにまとめてみてください。

よりくしゅくしゅさせたい場合は、片方の指先で毛先を抑え、もう片方の指先で逆毛を立てるようにしてみるのも◎。

いかがですか?簡単でしょ。ぜひ明日からワックスを活用してみてくださいね。

ワックス+オイルで艶感をプラスする裏ワザ

パーマスタイルのふんわりくしゅくしゅしている雰囲気も好きだけど、艶感も欲しい時にオススメなのが、ワックスに少し、ヘアケアオイルを混ぜることです。パール1粒程度のワックスに対して、オイルはお米1粒程度で十分。混ぜすぎるとスタイリング力が低下し、ギトギトした質感になってしまうので分量には注意してください。

飽きていたパーマスタイルも簡単アレンジで、明日からもっと楽しく可愛くなれますね。