コツを覚えれば簡単!パーマをキレイに保つスタイリング剤の使い方

パーマをキレイに保つのに欠かせないスタイリング剤。でも、スタイリング剤はたくさんあって、どれを選ぶべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。ここでは、パーマを上手にセットするためのスタイリング剤の使い方について詳しくご紹介します。

スタイリング前のベース剤としてアウトバストリートメントを

パーマのカールやウェーブをキレイに出すためには、夜、髪を洗ったら、流さないタイプのアウトバストリートメントをしっかりとつけて髪を保護しておくことが大切です。パーマをかけるとどうしても毛先が乾燥しやすくなりますので、オイルやミルクなどの保湿系トリートメントがおすすめ。適度なツヤ感で、髪が毛先までしっとりまとまります。

ふんわりパーマをキープするための上手なスタイリング剤の使い方 

では、パーマをキレイにセットするためには、どのような手順でスタイリング剤を使えばいいのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

1.スプレーやパーマ用ミストなどで髪を適度に湿らせたら、コールドパーマの場合はヘアムースを、ホットパーマ(デジタルパーマなど)の場合はオイル系トリートメントを、髪の中間から毛先にかけてしっかりとつけます。
2.髪を手のひらで包み、軽く持ち上げてドライヤーを当てて乾かします。
3.内巻きになるよう指にクルクルと絡め、ドライヤーの温風を当てた後、冷風を当ててクーリングします。うまくできない方は、ドライヤーの先にディフューザー(スタイラー)をつけるのもおすすめ。
4.仕上げに軽めのヘアワックスやワックススプレーなどでツヤ感をプラスし、髪に動きが出るようカールをほぐせば完成です。

パーマの種類に合わせてスタイリング剤を選択

パーマのスタイリング剤を選ぶ時のポイントは、パーマの種類に合わせてスタイリング剤を選択することです。髪が濡れている状態の時にカール感が強く出るコールドパーマの場合は、ヘアムースで濡れたような質感をプラスしてからスタイリングをします。

逆に、髪が乾いている状態の時にカール感が強く出るホットパーマの場合、ヘアムースよりもオイル系トリートメントが向いています。

自分のパーマがどのようなパーマかよく理解してから、スタイリング剤を選ぶといいでしょう。パーマをかけた時に、担当のスタイリストに、おすすめのスタイリング剤を聞いておくのもいいですね。

自分のパーマに合ったスタイリング剤で、柔らかなパーマヘアを演出しましょう!