ゆるいパーマもコレで解決!スタイリング3つのコツ

肩先で揺れる大きめのカールヘア。ゆるいカールはとても可愛いですが、キープするのがなかなか難しいですよね。ここでは、大きめカールを作るのに適したパーマや、ゆるいパーマがとれてしまった時の対処法について詳しくご紹介します。

ゆるいカールをつけたいならデジタルパーマがおすすめ

よく雑誌などで見かけるゆるい大きめのフワフワカール。毎回アイロンで巻くのは手間がかかりますし、髪へのダメージも心配なので、パーマで再現できれば朝のお手入れも楽になりますよね。でも、ゆるいパーマはダレやすく、髪質によってはすぐにとれてしまうので、担当美容師によく相談してからかけることが必要です。

おすすめは、デジタルパーマ。薬剤を塗布してから熱を加えるので、形状記憶効果が高く、ゆるいカールでもしっかりとキープすることができます。乾いた状態でカールが出るので再現性が高く、持ちも良いので、スタイリングも簡単です。

ゆるいパーマも復活!朝のスタイリング3つのコツ

しばらくの間は、ゆるいカールをキープできていても、やっぱり時間がたつとどうしてもカールがダレてきてしまいますよね。そんな時には、朝のスタイリングにひと手間プラス。すぐにパーマをかけ直すのも、もちろんいいですが、デジタルパーマの場合は髪の熱変性が心配されますので、なるべく間隔を空けて、髪への負担を減らしておく方がいいでしょう。

以下で、ゆるいパーマが取れてきてしまった時のおすすめのスタイリング法をご紹介します。少し手を加えるだけで、キレイなカールが復活しますので、ぜひ試してみてくださいね。

1.水スプレーなどで髪を軽く湿らしたら、ムースなどのスタイリング剤を髪の表面、内側からと2回に渡って揉みこむようにつける
2.手のひらでパーマ部分を持ち上げて、前方向に指で内巻きにしながらドライヤーの風を当てる
3.仕上げにワックスなどのスタイリング剤を軽くつけ、束感が出るよう指でつまみながら、フワフワのボリュームを出す

ゆるフワパーマで美人ヘアに

ゆるいパーマをなるべく長くキープするためには、普段のお手入れも大切です。市販の高級アルコール系シャンプーは、脱脂力が強すぎて頭皮や髪にダメージを与える可能性がありますので、洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

また、トリートメントケアはなるべく毎日行い、髪内部の修復に努めることが必要です。ダメージが気になる時には、トリートメントをつけた後にホットタオルを巻いて、浸透力を高めておきましょう。

ニュアンスのある大きめカールをキープして、ゆるフワの美人パーマヘアを目指したいですね!