忙しい朝に!裏ワザで時短「パーマ美セット」3大テクニック!

パーマをかけてから、セットが難しくなって朝がバタバタして大変…。
そんな方のために、時間をかけなくてもセットがキレイに決まる簡単なテクニックをお教えします。

パーマのセットが思い通りになる!時間がなくても、簡単に出来る3大テクニックをご紹介

ご紹介した通り、なかなかうまくセットできないパーマにはコツが必要です。そこで、おすすめの3大テクニックを紹介します。

1.巻くだけ簡単!ホットタオル・ラッピングでパーマをセット

朝、起きてから行う外出の準備は、順番を変更するとパーマのセットに時間がかかり過ぎる悩みが解決できます。洗顔の間のホットタオルを作っておいて、巻きながら他の準備を済ませてしまいましょう。その後にパーマをセットすると、蒸気で柔らかくなった髪の毛が扱いやすくなります。

2.ボリュームが出過ぎるパーマのセットはスタイリング剤をつけるタイミングを変える

パーマをかけたばかりでセットをするととてもボリュームが出ますので、セットもうまく決まりません。そこで、髪を洗った後のスタイリング剤に注目してみましょう。濡れた状態のボリュームでいいなら、髪の毛が濡れたままでスタイリング剤をつけます。また、ほんの少しボリュームを出すなら、自然乾燥で少しだけ乾いた状態にスタイリング剤をつけると自由に調整できます。

3.フワッとさせるためにはドライヤーを使う

パーマを、ゆるふわにセットしたい時にはドライヤーを使って下さい。シャンプーの後にカールを残そうと指で巻くと崩れますので、髪の毛を立ち上げるようにして根本にドライヤーの風を当てます。毛先は、あまり揺らさなければバサバサにはなりません。また、毛先だけ濡れた状態でスタイリング剤をつけておくと収まりが良いのでおすすめですよ。