妊娠中のパーマってどうなの?成分や体への影響などをきちんと理解しよう!

妊娠中でも髪はきれいにしておきたいもの。でも赤ちゃんへの影響も気になるのではないでしょうか。妊娠中のパーマで起こりがちなトラブルや注意点などを知っておきましょう。

妊娠中のパーマは赤ちゃんに影響がある?

出産前にしておきたいことの一つが美容院へ行くこと。出産後は赤ちゃんのお世話が大変で外出もままなりません。できればパーマやヘアカラーも済ませておきたいものですが、気になるのは妊娠中にパーマをかけても大丈夫かどうかということでは、ないでしょうか。

妊娠中にパーマをかけると、パーマ液の成分が頭皮や毛穴から吸収され赤ちゃんへ影響があるのでは、と気にされる方は多いですが、パーマ液が胎盤を通して赤ちゃんへ悪影響を与えるという報告はありません。かといって100%安全とも言い切れないので、できれば妊娠初期は避けた方がよいでしょう。

パーマ液の成分

パーマ液にはいろいろな成分が含まれています。そのうち代表的なものが、チオグリコール酸、アルカリ剤、過酸化水素水などです。 チオグリコール酸はパーマ液の1剤に含まれ、髪の形状を保つ主成分であるシスチンの結合を断ち切リ強いカールを作ります。

同じく1剤に含まれるアルカリ剤の強アンモニア水は強い刺激臭があり揮発性、モノエタノールアミンは刺激臭はありませんが髪に残る可能性があります。 2剤に含まれる過酸化水素水には、シスチンを再結合させる働きがあり、これによって美しいカールを髪に記憶させます。

妊娠中のパーマで起こりがちなトラブルとは

妊娠中はホルモンバランスが変化し、肌がとても敏感になっています。そのためそれまでは、何の問題もなく使っていた成分にかぶれたり、アレルギー反応を起こすこともあります。特に敏感肌の方は注意が必要です。できれば、パーマをかける前に妊娠中だということを美容師さんに伝えてパッチテストを行い、かぶれや赤みなどがでないかどうか確認したほうがよいでしょう。

つわりのある時期はパーマ液などの匂いで気分が悪くなることもあります。また、お腹が大きくなってくると足の血行が悪くなってむくみが出たり、長時間同じ姿勢で座っていることでお腹が張ってしまうこともあります。

パーマをかける時の注意点

妊娠中にパーマをかけるなら、体調も安定してくる妊娠中期以降がおすすめです。 美容師さんに妊娠していることを伝え、こまめに姿勢を変えたり腰枕を入れてもらったりして疲れすぎないようにしてください。もし途中で具合が悪くなったら休ませてもらいましょう。我慢せずにトイレに行くことも大切です。

お腹が大きいと仰向けの姿勢になるのは大変なので、パーマは妊娠30週目までに済ませておくとよいでしょう。

妊娠中であることを美容師さんに伝えておけば、短時間で仕上げたりパーマ液が肌につかないようになど心配りをしてもらえます。パーマをかけるなら無理せず体調のよい時にしておきましょう。