レディース向け!小顔効果ありのパーマでもっと可愛いロングヘア

「憧れの小顔」「美しいロングヘア」「女性らしいパーマ」そんな希望をかなえるヒントをいっしょに見つけましょう。今回は人気のあるパーマの種類にくわえて、スタイリングやヘアケアの方法もお伝えしていきます。

ナチュラルな仕上がりが魅力のコールドパーマ

一般的に「パーマ」と呼ばれているのがコールドパーマです。薬液で髪内部の結びつきを一旦ほどき、ロッドを巻いて形を作ったうえで、別の薬液を使い、巻いたカールの形を安定させます。

コールドパーマは濡れた状態がいちばん強くウェーブが出て、乾かしていくと次第にウェーブがゆるんでいきます。比較的ダメージが少ないので、傷みの気になる方にもおすすめです。

自分らしくナチュラルな印象のヘアスタイルは多くの女性の憧れ。やわらかい自然なカールを活かし、外国人風のくせ毛感のあるスタイリングに仕上げるのもいいですね。顔まわりのふんわりしたボリュームが輪郭を小さく見せ、小顔効果も一段とアップするでしょう。

かけたときの形をしっかり再現できるデジタルパーマ

薬液にプラスして加熱処理も行うのがデジタルパーマの特徴です。コールドパーマとは逆に、濡れた状態よりも乾いた状態の方が、パーマをかけたときのカールに戻ります。熱をくわえることで形状記憶効果が生まれ、モチがよく、きれいなカールスタイルになるのが魅力です。

指でクセづけしながら乾かすだけの大きめカールにしておけば、無造作に仕上げるだけでスタイリング完成です。顔周りは外巻きにすることで、小顔効果が生まれますし、さらに額を見せる前髪なしのスタイリングに仕上げれば、全体がひし形シルエットとなり小顔の印象もさらに強調されます。

スタイリングやアレンジのコツをマスターして理想の髪型を目指しましょう

コールドパーマは乾くとカールが弱くなるため、半乾きのときにムースやワックスなどのスタイリング剤を使うのがポイント。そうすれば髪にウェーブ感やつや感を与えることができます。

ナチュラルな仕上がりなので、作りすぎた印象にならないのが魅力です。小顔の可愛さを自然に演出できる「くせ毛風パーマ」などにもピッタリです。

デジタルパーマはドライヤーで乾かすだけで、かけた直後のウェーブを出すことができます。忙しい朝でも、ハンドブローだけで簡単に美しく仕上げることが可能です。さらにデジタルパーマなら「ふんわり大きめのカール」や「しっかりした巻き髪」などのアレンジで小顔効果も実現できます。

ヘアケアに必要なポイントをおさえて髪本来の美しさも大切に

パーマは髪に負担がかかるからと不安に思うよりも、まずはサロンの担当者に相談してみてはいかがでしょうか。日頃からできるヘアケアについても、プロならではのアドバイスをもらえるはずです。

そのうえで、ダメージの少ない薬液や髪にやさしいパーマの種類を選んだり、アフターケアトリートメントを使ったりすることで、傷みを最小限に抑えることも可能です。

自分の好きなヘアスタイルが見つかったら、次はそれに合ったパーマの種類を選んでみましょう。理想とするスタイルをキープするには、スタイリングのコツもしっかりマスターするといいですね。そのためには、艶やかに見える健康な髪の状態を保つことも心がけておきましょう。