ロングヘア注目!パーマの種類を使い分けて差をつけよう

ストレートヘアも魅力的ですが、ふんわりとしたパーマスタイルは女子力の高く、モテるヘアスタイルのひとつです。自分に似合うパーマはどれなのか、理想のヘアスタイルに合うパーマの種類をご紹介します。

目的や仕上がりによって、さまざまな種類があるパーマ

パーマのかかる面積の広いロングは、パーマの種類によって印象が変わるため、どのパーマにするのか迷うことも多いでしょう。事前にどんな種類があるのか知っておくと、美容師さんにも相談しやすくなります。サロンによって呼び方が異なることもあるので、確認してみてください。

ストレートパーマやデジタルパーマといわれる形状記憶パーマ、ウェーブのくせをしっかりと付けてくれるクリープパーマ、ふんわりしたウェーブにしてくれるエアウェーブパーマなどがあります。

他にも肌の弱い人やダメージを受けやすい人でもかけやすい水パーマや、道具や巻き方によって変わる、スパイラルパーマやピンパーマ、ツイストパーマがあります。

長持ちしてくれるデジタルパーマ

デジタルパーマ、または、ハンドウェーブとも呼ばれているパーマの特徴は、薬剤と熱によって髪に形状を記憶させているため、髪を洗った後でも、乾かせば元通りに戻る性質があります。

ロングヘアだけでなく、髪にくせのある人やショートヘアの人、または、パーマのかかりにくい髪でもかけやすいパーマです。

ロッドにつなげた機械の熱によって、髪を乾燥させてパーマをかけるので、髪が濡れていても乾いても差がなく、くせをのばしてかけていくことができます。パーマの持ちは格段によくなり、お手入れも簡単です。

サロンによっては、このパーマの名称は異なることもありますが、形状記憶パーマと言っても伝わります。

ふんわり仕上がるエアウェーブパーマ

エアウェーブパーマは、女性らしいふんわりとしたウェーブヘアにしたい人におすすめです。エアウェーブ専用の機械を使用し、空気を送り込むことによってウェーブを仕上げるパーマで、もちがいいのも特徴です。

使用する薬剤は比較的髪にやさしいことや、髪を巻くときも引っ張らずに巻くので髪への負担が少ないこと、低い温度でかけることなど、他のパーマと比べて傷みにくいのがポイントです。しっとりとしてやさしい雰囲気にしたいときにおすすめのパーマです。

道具や巻き方でも、まったく違う印象になるパーマ

道具や巻き方によっても、ロングのヘアスタイルが随分と変わってきます。スパイラルパーマは、ロッドを髪に巻きつけるとき、スパイラル状に巻き付けていく方法です。ロッドの大小や、巻き方の強弱によって印象が違ってきます。くるくるしたかわいらしい髪形が印象的です。

バッサリ髪を切るイメチェンはなかなかできなくても、パーマでのイメチェンは取り入れやすいですね。さまざまな雰囲気をつくりだしてくれるパーマスタイルで、新しい自分の魅力を引き出してみてはいかがでしょうか。