髪色を変えないから注目度アップ!パーマで黒髪のままにする魅力!

パーマもカラーも一緒にできればイメージがガラッと変わるけど、ダメージが…。そんなあなたには黒髪のままでパーマをかけることをオススメします。

ロングでも、ガーリーとエレガントの使い分けが黒髪のパーマでできる!?

2014年のトレンドと言われるパーマで黒髪のスタイルは、かなり注目されています。ヘアカタログでも、かなり多く見かけるようになりました。

以前はパーマと明るい髪色はセットの印象でしたが、すっかり変わりましたね。日本人の黒髪は美しいと言われますので、その色を生かしたパーマスタイルが注目されるのは、ダメージが少ないのも魅力的だからです。

全体にボリュームアップする、毛先だけパーマをかける、そして前髪で印象を変えるなど、黒髪でパーマにする時もアレンジが自由なのでオススメです。

その人の顔の形や持っている雰囲気を生かしたスタイルを作れます。エレガント系の多いロングですが、前髪を厚めの眉下ぱっつんにすると、可愛らしい印象を持たせることができます。ヘアカタログをミックスしながら選べて、髪の毛のツヤ感も失われません。

黒髪のパーマはショートでもオリエンタルなイメージが作れる!?

ショートでパーマをかける時にも、ライトブラウンにした方が似合うなどスタンダードが決まっていました。今、人気のある黒髪パーマはショートヘアの方にもオススメで、オリエンタルで知的な印象を作れるのがメリットです。

丸顔の方が、ショートにして顔をスッキリ見せる傾向があります。そうすると顔のサイドにくる髪の毛は、明るい色だと膨張色になって顔が大きく見える場合もあります。

ところが黒髪なら、サイドにあってもシャドー効果で小顔効果が期待できます。ボリューム感がなくなりがちなショートヘアでは、パーマをかけると華やかな雰囲気も出せるためアレンジの幅が広がります。

朝のスタイリング時間も短縮できるメリットがあり、ショートでも黒髪パーマが人気です。

女性向けに抜け毛予防ができる簡単な4ポイント・ケアをご紹介

以上のように黒髪のパーマでは、髪の毛にダメージがない以外にもたくさんのメリットがあります。ここからは3大スタイルに絞ってご紹介します。

1.ショートのアレンジならコレがオススメ!

子供っぽく見えてしまうショートでも黒髪+パーマの効果で大人っぽくできます。ストレートでピタッとしていると、クールで少し冷たい印象に見えたりしますが、パーマでエアリー感を持たせるだけでもかなり変化します。

黒髪はどうしてもキツく見えるので、柔らかさの出るパーマを選びましょう。オススメなのは毛先にワンカール入れるパーマで、これから伸ばす時にも便利です。

2.ミディアムのアレンジならコレがオススメ!

ミディアムでパーマをかけて大人っぽく見せるなら、段を少なめに入れて暗めの茶色がおすすめです。長さが出てくると重みを感じてしまうため、あまりボリューム感を出さないのがオススメです。

そのため、毛先のワンカールでブローしやすくするか、ランダムなカールを入れることで動きが出るようにするスタイルがミディアム向けです。

3.ロングのアレンジならコレがオススメ!

ロングでは毛先が傷みがちですが、黒髪のままでパーマをかけるなら安心です。緩くパーマをかけて癖毛風のアレンジもできます。

可愛らしい顔立ちならルーズなカールにすることで大人っぽくできたり、グラマラスな印象を作るにも長さはあった方が便利ですね。重めにスタイルを作るとトレンドの印象になりオススメです。