メンズのヘアスプレーの上手な使い方と選び方

セット後のスタイルをキープするのに欠かせないヘアスプレー。でも髪がバリバリになってしまったり、白い粉がふいてしまったりと、使い方がなかなか難しいという声も。今回は、メンズのヘアスプレーの上手な使い方と選び方についてご紹介します。

なぜヘアスプレーが必要なのか

ヘアスプレーは、セットしたスタイルをキープするために使うアイテムです。ですが、使い方が難しいこともあり、自宅でのヘアセットには使わない、使ったことがないという方も多いことでしょう。なぜヘアスプレーを使った方がいいのでしょうか。

大多数の方がセットにヘアワックスを使っていると思いますが、「ワックスでセットしたら一日中OK」というわけにはいきませんよね。トイレで鏡を見たらセットした髪がすっかり潰れてしまっていた、なんてことも。

ヘアワックスは油性です。油は重いため、ふんわり立ち上げた髪も、時間が経てば重みで崩れてきてしまいます。崩れを防ごうとしてワックスの量を増やす方がいますが、実は逆効果です。このようにスタイルが崩れるのを防ぐため、セットしたスタイルをキープするのがヘアスプレーの役割なのです。

主なヘアスプレーの種類と選び方

メンズ用のヘアスプレーは、そのセット力によって大きく2つに分けられます。どのように選べば良いのでしょうか。

1.スーパーハードスプレー

強力なセット力を持ち、朝作ったスタイルを一日中キープしてくれるのが、スーパーハードスプレー。ショートスタイルで根元をしっかりと立ち上げたい方は、こちらのタイプを選ぶといいでしょう。ただし、セット後に髪を直そうとすると、スタイルが崩れて粉がふいたようになってしまうので、一度セットした髪は触らないほうが無難です。

2.再セットOKのハードスプレー

毛先のねじり直しなどセット後の修正が可能なのがこのタイプのヘアスプレー。ガチガチに固めないので、軽やかなスタイルをキープすることができます。軟毛の方や、柔らかさのあるミディアムスタイルの方は、こちらのタイプを選ぶのがおすすめです。

サロン専売品が望ましい

スプレーは使い方を失敗するとフレーキング(粉ふき)を起こしてしまう場合があります。「初心者でも絶対に粉ふきしないスプレーがいい」という場合は、市販のものではなくサロン専売品を使うことをオススメします。ただし、サロン専売品のヘアスプレーを使っても、スプレーした後から過度に髪を触ってしまうと、粉がふいたようになってしまいます。ヘアセットが気になるときも、ほんの少し修正を加える程度にとどめておきましょう。

粉ふきしない!メンズのヘアスプレーの上手な使い方

1.髪のアウトラインに沿ってスプレーしよう

ヘアワックスでスタイルをしっかり作ったら、ヘアスプレーをよく振り、頭から20cmほど離して、髪のアウトラインに沿ってスプレーします。まんべんなくつけることで、バリバリに固まるのを防ぐことができ、自然なスタイルをキープできます。現在市販されているヘアスプレーは、噴射器が広いタイプのものが多いので、遠くからふきかければヘアスプレー初心者でもまんべんなく薄くつけることができます。

ただし、市販のヘアスプレーはシリコン入りのものも多く、肌が弱い方の場合は頭皮に刺激を受けることもあるため、ヘアスプレーが頭皮にかからないよう注意しましょう。

2.部分使いもOK!

髪のアウトラインに沿ってスプレーしたら、今度はトップ部分や襟足などスタイルに変化をつけたい部分を指でつまみ、軽く1回スプレーしましょう。表面にメリハリをつけることで、スタイルに立体感が生まれます。ただし、スプレーしすぎるとフレーキング(粉ふき)を起こしてしまうので気をつけて使っていきましょう。

ヘアスプレーを使った日はシャンプーを念入りに

頭皮を健やかに保つためにも、ヘアスプレーを使った日は、特に念入りにシャンプーするようにしましょう。シャンプーをつける前に、あらかじめ湯洗いをしっかり行っておくのもポイント。スプレーは水溶性のため、湯で大部分落とすことができます。洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーを使って、指の腹で頭皮をマッサージするように洗うと、頭皮の汚れをしっかりと落とすことができます。

ヘアスプレーを上手に使って、スタイルキープしていきましょう!