メンズにおすすめ!パーマをワイルドに仕上げるコツ

「パーマは女性のもの」と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、男性にもパーマはおすすめです。朝の忙しい時に寝ぐせなどで悩まされる可能性も少なくなり「こなれた感じ」「おしゃれ上手」の雰囲気を漂わせることもできます。

ただ「女性らしさ」をイメージさせるパーマは苦手、という人も多いはず。そこでここでは、特に「ワイルドさを演出できるパーマ」に焦点を当ててみましょう。

基本は、「どちらかに分けて髪の毛の流れを作る」

ワイルドさを演出する時の基本は、「どちらかに分けて髪の毛の流れを作る」というものです。

これは女性にも言えることですが、真ん中に分けると、やや落ち着いた印象や真面目そう、清潔そうな印象を与えます。もちろんこれも素敵なのですが、ワイルドさを求めるのなら、左右どちらかに分け目を作ると良いでしょう。

この時は左から右、あるいは右から左に対し、「髪の毛の流れ」を意図的に作ると面白く仕上がります。

他のやり方と組み合わせる方法

それ以外にも、「他のヘアプランと組み合わせる」という方法も有効です。

ワイルドさを強く感じさせるウルフカットにパーマをあてると、ワイルドさを残す動きのあるヘアスタイルでありながら、どことなく遊び心を感じさせる若々しい仕上がりになってくれます。

刈り上げと組み合わせれば、非常にマッシブな印象になるでしょう。男性の色気を感じさせたいのであれば、このプランも有効です。

「ワイルドさを残したいけど会社勤めだし、あまりに目立ちすぎるものはちょっと…」という人は、あまり強くパーマをあてず、“毛束を感じさせる”という形でパーマをあてる方法もおすすめです。黒髪であっても爽やかに、しかし真面目すぎない印象に仕上がり、手入れもとても楽になります。

反対に、まだ学生であり髪の毛で遊べる年齢だ、ということであれば、強めにパーマをあてるのも良いですね。こうすると、非常にオリジナリティが溢れるパーマに仕上がります。

男性のパーマの場合、単純にワイルドさを演出するというだけでなく、黒髪であっても重く見えないようにするという目的もあります。会社や学校の規定で髪の毛を染めることはできない、でも軽い仕上がりにしたいという人にも、パーマはとてもおすすめです。

もちろん、美容師さんに相談して決めていくのも良い方法ですよ!