邪魔な前髪をどうにかしたい!対策方法を教えて

眉毛の上まで切った前髪、あるいは耳などにかけられる程度にまで伸びた前髪というのは、基本的には邪魔にならないものです。視界を遮ることもなく、目をチクチクと刺すこともありません。

でも、いちいちこまめに切りに行くのは面倒なもの。また、前髪を伸ばしたいという人にとっても、「切る」という選択肢は選びにくいはず。

そこでここでは、伸びかけた邪魔な前髪の対策方法をお教えします。

基本はピン&ゴム。家ならこれで十分?!

もっとも簡単な解決策は、「ピンで留めたり、ゴムでくくったりする」というものです。特にピンで留めてしまう方法は、かなりお手軽です。

1人暮らしの家などなら、前髪を頭頂部に向けて上げてしまい、そこを大きめのピンで留めるのがもっともラクチンでしょう。こうすれば、ピンで留めそこなった前髪が落ちてくる可能性もありません。

この「ピンで留める」という方法は、外でも有効です。かわいらしいピンを使えば、オシャレに演出できます。現在は斜めに流した髪の毛をピンで挟む、というスタイルもよく見かけますね。

ゴムでしばる方法は、完全に家向きです。ちょんまげのようなスタイルにすれば、髪の毛は落ちてきません。細いゴムを使って、毛先部分を頭頂部付近でピンで留めると、邪魔にもなりません。

お外向き!かわいい前髪アレンジ方法

ただ、上で挙げた方法というのは、かわいいピンを使う方法以外の場合、正直それほど見た目の良いものではありません。もう少し「お外向き」の髪型も考えてみましょう。

かわいい髪型の1つとして、「三つ編み」が挙げられます。これは前髪だけを三つ編みにしていき、耳の上あたりでピンで留めるものです。海外の女の子のような雰囲気を作ることができ、とてもオシャレです。ただこの方法の場合、ある程度前髪の長さが必要になります。

面倒がなく簡単にできる方法としては、「ねじって後ろで留める」というものが挙げられます。前髪を手にとり、くるくると巻いていって、それをサイドに流して留めるだけです。この方法は三つ編みの時ほどの長さを必要とせず、はん用性が高いというメリットがあります。

その他にもバレッタを使ったり、ポンパドールを作ったりする方法もあります。

このように伸びかけた前髪のアレンジ方法は、TPOに合わせて多種多様。せっかくですから「伸びかけの邪魔な前髪」も、オシャレの1つとして楽しみたいですね!