なりたい髪型を作る!ブローのコツ

美容室に行った時はよかったのに、翌日から自分でスタイリングすると、どうしてか美容室のときのような髪型になってくれない、なんて悩むことはありませんか?

せっかくお気に入りのヘアスタイルになっても、自分で再現できないと意味がありませんよね。これって美容師さんはスタイリングが上手いから…と思いがち。その理由ももちろんありますが、実はブローの仕方にもコツがあるからなんです!

では、なぜブローによってヘアスタイルを左右されるのか、その原因と思い通りのヘアスタイルに仕上げるためのコツをご紹介します。

根本から毛先に向かって乾かしましょう!

まずは、基本のブローの仕方を見てみましょう。

1.タオルドライ

まず洗った髪を水気がとれるくらいにタオルドライします。タオルに髪の毛を包み込み、とんとんとたたく様に水分を取ります。これが髪を傷めないタオルドライです。

2.洗い流さないトリートメントなどをつける

洗い流さないトリートメントは、髪が濡れている状態で塗布し、全体に均一に馴染ませます。タオルドライの後につけましょう。毛量・髪質・ダメージ具合などに合わせ適量を使用し、髪の中間から毛先の部分に薄く伸ばしてつけるように馴染ませます。

3.ドライヤーでブロー

根本を乾かすイメージで、髪の根本をかきあげながらドライヤーの風をあてていきます。毛先は乾きやすく根本が乾きにくいため、必ず根本から乾かしましょう。根本が乾いていないと、毛先だけ乾きすぎてパサパサになるなどトラブルの元になります!

ボリューを出すためのブローとは?

髪にボリュームがなくてぺちゃんこになってしまう・・・ボリュームを出すには毛流を意識して乾かすことが大切です。毛の生えている範囲全体をボリュームアップする必要はなく、トップ(頭頂部)と後頭部を意識して乾かします。そこの毛流に逆らって風を当てるとボリュームが出ます。特にロングの方は、顔を下に向けて髪をかなり立ち上げるような感じで乾かしても大丈夫です。自分の毛流はなかなか自分で見ることができないので、そこは担当の美容師さんに教えてもらうと良いでしょう。

ボリュームをおさえたいブローとは?

髪にボリューが出やすいのが悩み、という方は、つい適当に全体にあててしまいがちです。きちんと上からドライヤーをあて、手で髪を抑えるように乾かすことで、ふくらみを軽減してくれます。

くせ毛を改善するブローのコツ

髪の根元から手グシを通し、ゆっくりひっぱるように乾かすとクセが落ち着きます。

くせ毛の方は髪にダメージを受けやすいため、直毛の方よりも普段のヘアケアに気を付けてください。特にくせ毛の方は乾燥毛であることが多く、洗い流さないトリートメントは必須です。そして一カ所にドライヤーを当て過ぎないように注意しましょう。

思い通りにならなくて悩んでいた、という方はぜひこの機会にもう一度ブローの仕方を見直してみてください。いつもよりもっとスタイリングが楽しくなるはずです!