スタイリングはムースでOK!自由自在にクセを出そう

ヘアスタイルをセットする際に利用するスタイリング剤は、ワックス、ムース、ジェルどれを使いますか?それぞれスタイリングに適した利用方法が考えられますね。ここでは、ムースの使い方とムースならではのスタイリングで素敵なヘアスタイルに仕上がるコツをご紹介します。

ムースと他のスタイリング剤との違いとは?

ムースは泡状で乾くと固まる特徴があります。髪質は全般に適していて、さまざまなヘアスタイルで利用でき便利です。中には固まらないウエット感を出すタイプのムースもあり、スタイリングに合わせて選ぶことができます。

ワックスは固めずに動きを出したいとき便利に利用可能です。毛先に動きを出したいときや濡れた感じを出したい場合に利用するといいでしょう。ジェルはカチカチに固めたい時に利用するスタイリング剤です。比較的短髪向きで乾くまでに時間がかかるので、自在のヘアスタイルの演出に向いています。

ムースできまるヘアスタイルとは?

ヘアスタイルをセットする際に利用するスタイリング剤は、ワックス、ムース、ジェルどれを使いますか?それぞれスタイリングに適した利用方法が考えられますね。ここでは、ムースの使い方とムースならではのスタイリングで素敵なヘアスタイルに仕上がるコツをご紹介します。

ムースと他のスタイリング剤との違いとは?

ムースは泡状で乾くと固まる特徴があります。髪質は全般に適していて、さまざまなヘアスタイルで利用でき便利です。中には固まらないウエット感を出すタイプのムースもあり、スタイリングに合わせて選ぶことができます。

ワックスは固めずに動きを出したいとき便利に利用可能です。毛先に動きを出したいときや濡れた感じを出したい場合に利用するといいでしょう。ジェルはカチカチに固めたい時に利用するスタイリング剤です。比較的短髪向きで乾くまでに時間がかかるので、自在のヘアスタイルの演出に向いています。

ムースできまるヘアスタイルとは?

ムースには種類がいくつかあり、ハードタイプはかっちり固めたい人におすすめです。ソフトタイプはセミロング〜ロングのヘアスタイルに向いたタイプで、ふわっとした毛の流れを作りたい場合に向いています。ウエットタイプのあまり固まらないタイプでは仕上がりを艶やかに仕上げたい場合に有効です。

また、パーマヘアの場合には、パーマ用のヘアムースがありますので、ヘアスタイルに合わせてチョイスするといいでしょう。

ムースの使い方は表示に従いよく振ったり逆さにして出したりするので、表示をよく見てみてください。ムースは毛髪を固めることができるので、カールした髪の毛にムースをつけることで、自在にクセをつけることがが可能です。

ムースの使い方

多くのムースの場合には、液化ガスと整髪料をよく混ぜる必要があるため、最初に缶をよく振りましょう。ピンポン玉2つ分程度を髪全体に馴染ませます。ハードタイプで髪を立てたい場合には、根元中心にムースを付けてコームなどで整えてください。

ふわふわとした動きをソフトタイプで出す場合には全体に馴染ませて手櫛やコームで動きを出すといいでしょう。ウエットタイプで濡れた感じに仕上げたい場合には、よくドライした髪に仕上げとしてふんわり馴染ませてください。

クセを出したい場合には、乾かす前にカールした部分にムースを馴染ませるとクセをキープできます。

パーマスタイルの場合には?

パーマスタイルではパーマ用のムースを選んでください。タオルドライ後乾かす前にムースを付けるとよりパーマを活かしたスタイルに仕上がります。

ウェーブを抑えたい場合には、乾かした後にムースを付けるといいでしょう。ただし、デジタルパーマの場合には、ウエットな状態ではなく乾いた状態でよりカールが出るパーマですので、ムースの利用はおすすめできません。

ムースにはさまざまな種類があります。作りたいスタイル別に用途が表示されているので、好みに合わせて選んでみてください。ムースは多の整髪料より柔軟性があり、固定できるメリットがあります。ムース一つで好みのスタイリングを作ることが可能です。