きっとあなたに合う!髪質別のおすすめスタイリング剤

細い髪には軽め、硬い髪には重めなど髪質によってスタイリング剤も使い分けることが大事になってきます。髪質に合うおすすめのスタイリング剤をご紹介します。

スタイリング剤の種類はさまざま

さまざまな商品が展開されているスタイリング剤は、どれを選べばよいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。スタイリング剤の主流はワックスタイプ。髪質や仕上げたい質感によってハードかソフトかを選べます。

ヘアクリームやヘアミルクはワックスほどセット力がないものの、髪にうるおいを与えパサつきを抑える効果が期待できます。また、ムースともいわれるヘアフォームはさまざまな種類があり、髪になじませやすいのが特徴です。その他寝ぐせ直しに使いやすいヘアウォーターや髪型をキープするスプレーなどもあります。

細くて柔らかい髪質におすすめのスタイリング剤

細い髪質の人からは「髪の毛が柔らかく、ハリやコシがない」、「ボリューム感を出しにくい」という悩みが多く聞かれます。髪質が柔らかいとハードなスタイリング剤を使ってしっかりセットしようと思いがちですが、逆に重くなりすぎてスタイルが崩れやすくなるので注意しましょう。

とはいっても、ある程度はセット力が欲しいので使い心地が軽いタイプのワックスを選ぶのがおすすめです。また、湿気のある日や風が強い日は、お出かけ前にソフトタイプのスプレーを使ってヘアスタイルをキープしましょう。ワックスの他にはヘアミルクやローションタイプも柔らかい髪をふわっと仕上げてくれるでしょう。

太くて硬い髪質におすすめのスタイリング剤

太くてゴワゴワしている髪の毛や、広がりすぎるのが気になる時はセット力の強いスタイリング剤を選んで髪型を落ち着かせましょう。しっとりさせるために洗い流さないトリートメントなどでベースを作り、ボリュームを抑えたい部分にはワックスをもみこんでつけていきます。

髪に油分が保たれている状態ならドライワックスでOKですが、カラーリングをしていてパサつきがみられるようなときは水分や油分を補うタイプのワックスを選びましょう。パーマをかけているときはフォーム剤でスタイルキープするのもおすすめです。

髪質に合ったスタイリング剤を選んで理想を実現

ワックスだけでもさまざまなタイプがありますが、自分の髪質に合う製品を選べばスタイルが決まりやすくなります。柔らかい髪用、硬い髪用などとして市販されているスタイリング剤もありますので色々とチェックしてみましょう!

また、くせがあるか直毛かによってもおすすめのスタイリング剤は変わってくるので、よくわからないときは美容師さんに相談してみるのもおすすめです。

自分の髪質にあったスタイリング剤を使うのとそうでないものを使うのとでは、仕上がりに大きな違いが生まれます。自分の髪質を改めて分析し、理想通りの髪型を手に入れましょう。