ヘアスプレーを選ぶときのおすすめチェックポイント:メンズ編

昔は、ポマードやチックくらいしかなかったメンズ用のヘアスタイリング剤。最近では、ムースやワックス、スプレーやジェルなど、さまざまな商品があります。

そんな、数限りなくあるメンズ用ヘスタイリング剤を選ぶうえで、意外に見落とされているのが頭皮や髪へのやさしさ。髪を伸ばすことが多い女性は、髪の傷みやダメージに敏感ですが、基本的に短い髪の多い男性は、スタイリング効果ばかに気を取られてしまいがちです。

そこで、メンズ用ヘアスプレーに焦点を当て、ヘアスプレーを選ぶうえで、きちんとおさえておきたいおすすめのチェックポイントを紹介します。

意外に怖い!ヘアスプレーによるダメージ

抜け毛を気にして育毛剤を使ったり、頭皮にやさしいこだわりのシャンプーを選んだりしている男性でも、意外と無頓着になのがヘアスプレーなどのスタイリング剤。ばっちり決めた髪型に必要不可欠なヘアスプレーですが、このヘアスプレーも、頭皮にダメージを与えて抜け毛などの原因となっている場合があるのです。

特に、髪をふんわり立てるために、髪の根元に向けてシューっと吹きつけているヘアスプレー。頭皮の毛穴に残り、皮脂と混ざって毛穴を詰まらせている可能性も…。

ヘアスプレーを使ったら、その日の内に、きちんとシャンプーで頭皮を洗って、髪や毛穴についたスプレーをしっかり洗い流しましょう。また、ヘアスプレーを選ぶ際には、こうした毛穴のトラブルになりにくい商品を選ぶことが大切です。

この成分は大丈夫!?おすすめのチェックポイント!

もちろん商品として売られているスタイリング剤はすべて、人体に直接悪影響のある成分は使われていません。ただし、毛髪や毛根にとっては、ダメージになる成分が使われている場合は多々あるのです。

各製品のパッケージに書かれている成分表示を確認しながら選びましょう。ヘアスプレーに多く使われているさまざまな成分のうち、気を付けたいものをいくつか紹介します。

シリコン

近年よく耳にするようになった、「ノンシリコン」というキーワード。それは、このシリコンを使っていない製品だという意味です。シリコンとは、鉱物性の油。髪や毛穴に付着するとなかなか落とすことができず、毛穴を詰まらせ、抜け毛などの原因になります。

成分表では、シリコンとは表示されず、「ジメチコン」「シクロメチコン」「○○シロキサン」という名前で表示されています。

界面活性剤

シリコンとセットで入っているのが、この界面活性剤。水が主成分のスプレーに、油性のシリコンをとかし合わせるために使われています。洗剤などにも多く使われている物質です。強い脱脂作用があり、頭皮に必要な油分を奪ってしまいます。

アルコール

アルコールは、さまざまな化粧品に多く使われている成分。特にヘアスプレーなどの速乾性のある製品には、多く使われています。ただ、このアルコールは、蒸発する時に頭皮に必要な水分まで奪ってしまう可能性も。アルコールが悪いわけではないけれど、含有量が少ないものを選んでおいた方がいいでしょう。

ちなみに、成分表では、成分の多い物から順に表示されています。この順番を見て、アルコールの含有量を判断しましょう。

紫外線吸収剤

日焼け止めなどに多く使われている物質で、ヘアスプレーにも入っている場合があります。毒性があり、発がん性があると言われている物質です。

きちんと落とすことが何より大切!

ヘアスプレーの危険性な成分ばかりを挙げてしまいましたが、髪や頭皮にやさしいヘアスプレーを選ぶことと同じくらい大切なのが、頭についたスプレー剤を、きちんとシャンプーで洗い流すこと。それも、翌日の朝洗うのではなく、その日の内にきちんと髪と頭皮を洗いましょう。毛根が成長する夜に、頭皮をきれいな状態にしておくことが重要です。

若いからといって油断は禁物です。頭皮ケアは、始めるのが早ければ早いほど、効果があります。髪や頭皮をいたわりながら、ヘアスプレーでさまざまなヘアスタイルを楽しみましょう。