軽やかなスタイリング向け!ヘアスプレーの使い方

仕込みに、仕上げに、1本で色々なヘアスタイルを作れるヘアスプレー。ヘアスプレーはカチカチにセットするだけじゃないんです。崩れにくいのにラフ感のある、色々な使い方をご紹介します。

そもそも、ヘアスプレーって?

アルコールに樹脂などのセット成分を配合し、霧状に噴出するヘアスプレー。アルコールの揮発性で、すぐに乾くのが特徴です。種類が多く、ラメ入りやハードタイプ、ソフトタイプ、グロスタイプなど、選ぶ楽しみがありますね。メリットは、手を汚すことなくセットでき、細い髪の方でも重くならずしっかりキープできることにあります。

デイリーに使い道たくさん!軽さ、セット力を活かしたヘアアレンジ

時間がない朝も、夜の食事があるスペシャルな日も、便利なのがヘアスプレー。ササッとカンタンにできて崩れないテクニックをご紹介します

ひとテクポニーテール

ヘアスプレーを手に直に付け、毛先から上に向かってくしゅくしゅ揉み込みます。その後、耳上の髪全体を持ち上げ裏側にスプレーします。コームまたは手で軽く逆毛を立て、耳上延長の後頭部でねじり、ピンで固定します。ピンは下から上に向けて挿すのと、上から下に向けて挿す両方を取り入れると崩れにくいです。ピンで留めた部分を抑え、トップの髪を引き出すとよりオシャレ感がUP。ピンで留めた部分にスプレーし、崩れにくいように固定しましょう。

雨の日の広がりを抑える、スプレーテクニック

細い髪の方でも、トップをペタンとさせずにセットできるのがヘアスプレー。雨の日に髪が広がりやすい細毛の方、ぜひこのテクニックを取り入れてみてください!スピードが大切なので、必ず最後まで読んでからおこなってくださいね。髪全体をブラッシングした後、髪の表面全体と、髪の裏側全体にスプレーしてください。乾く前に髪表面と裏側を軽くブラッシングするだけ。アイロンをする方は、アイロン後におこなってください。スプレーの皮膜で髪を覆い、湿気に強い状態に整えることができます。

スプレーの注意点

髪表面に向けた処方になっているので、頭皮を始めとする肌にはできるだけ付かないようにしてください。手で塗布した後は、すぐに洗い流してくださいね。また1回のシャンプーでは落としきれないことがあるので、すすぎやシャンプーを2度おこなうなど、きちんと落として綺麗な髪を保ちましょう。