頭皮を守る!ヘアワックスの上手なスタイリング方法

髪のスタイリングには欠かすことのできないヘアワックス。でも、頭皮のことを考えると、あまり使わない方がいいのでは…と心配になってしまう方もいるかもしれません。

ここでは、ヘアワックスと頭皮との関係、ヘアワックスが頭皮につかないように上手にスタイリングする方法について紹介します。

ヘアワックスを使った日は頭皮も髪もしっかりとシャンプーしましょう

ヘアワックスには、髪に動きをつけたり、ツヤを出したりするためのコーティング剤が配合されています。そのため、ヘアワックスが頭皮にべったりついてしまうと、毛穴をふさいで痒みやフケなどの原因になると言われています。でも、通常髪のセットに使う程度であれば、それほどヘアワックスが頭皮につくということはないので問題はありません。

ただし、ヘアワックスを使った日は、しっかりとシャンプーを行うことが大切です。爪を立てないよう指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗い、毛先をシャンプーの泡で優しく包んで、髪についたヘアワックスはその日のうちにきちんと落としておきましょう。

頭皮を守るためのヘアワックスのスタイリングポイント

では、頭皮を守るためには、どのようにヘアワックスでスタイリングしていけばいいのでしょうか?以下で2つのスタイリングポイントを紹介します。

1.少量のヘアワックスを指にとり、手の平でよく伸ばす

人差し指の先に乗る程度の少量のヘアワックスを、手の平でよく伸ばしましょう。ヘアワックスが頭皮についてしまう原因の一つに、ヘアワックスの量が多すぎるということがあります。髪のベタつきの原因にもなりますので、一度にとる量に注意しましょう。

2.髪全体に少しずつヘアワックスをつける

髪の根元に指先を入れ、髪を握るようにヘアワックスをつけていきます。一気にヘアワックスをつけようとすると、頭皮にヘアワックスがついてしまう原因になります。ヘアワックスのついた手の平が頭皮に直接当たらないよう気をつけて行っていきましょう。全体にヘアワックスがいき渡ったら、前髪や顔周りを整え、指先に残った分で毛先をつまむようにして束感を出していきます。

普段から頭皮を清潔に保ちましょう

美しい髪を維持してこそ、ヘアワックスのスタイリングもキレイに決まります。美しい髪を作り出すのは、健やかな頭皮です。普段からシャンプーをしっかり行い、頭皮を清潔に保つよう努めていきましょう!