入学式の母親のスーツは着回し力が決め手!

入学式間近になると、子どもの新しい学校生活の準備でバタバタするもの。つい自分の準備は後回しになってしまいませんか?でも、入学式当日に「やっぱりスーツを買えばよかった!」と後悔するのは避けたいところ。入学式で失敗しない母親のスーツ選びのポイントについてご紹介します!

卒業式と入学式のスーツは同じでもOK

よく耳にするのが「卒業式と入学式のスーツは別にしなければいけないの?」というギモン。

卒業式は「卒業証書授与」を行う式典のため、黒・グレー・ネイビーなどのシックなスーツを着用し入学式は「出会いの場」ということもあり、パステル系の柔らかい色味のスーツを着用するというイメージがありますよね。

結論から言えば、特にこだわりがなければ卒業式と入学式で同じものを着用しても構いません。ただし、卒業式で着たものをそのまま着てしまうと、少し地味な印象になってしまうのも事実。そこで活躍するのが、コサージュやネックレスなどのアクセサリー。

今はコサージュやブローチ、ネックレス、イヤリングがセットになっているものも数多くあり、シチュエーションに合わせてさまざまな使い方ができるので、とっても便利。パールが主役なので、重ね付けをしても母親らしさをキープすることができます。

黒のスーツがたちまち華やかになるアクセサリー。この機会に“晴れの日用”として、セットで揃えてみてはいかがでしょうか?

入学式におすすめのスーツはコレ!

せっかくだから入学式は新しいスーツで出席したいという人におすすめしたいのが、ツイードのスーツと紺のノーカラースーツ。以下で、詳しくご紹介します!

1.ツイードのスーツ

セレモニーでは、もはや定番ともいえるツイードのスーツ。

オフホワイトやパステル系なら華やかに、グレーやブラック系なら、クールに着こなすことができます。ツイードのスーツの場合、入学式後の生活でジャケットを着回しできるのも大きな魅力。ワンピースにもデニムにも合うので、1着持っていると役立ちます。

2.紺のノーカラースーツ

飽きのこないフォーマルな装いの王道と言えば、紺のノーカラースーツ。シンプルなものを選べば、清潔感と品の良さは申し分なし!保護者会や役員会などに出席するときにも使えるので、お役立ち度満点です。

スーツを選ぶときには、着回しできるかを良く考えて

とりあえずスーツを買ったものの、卒業式と入学式以外は着る機会がなくて…そんな声を耳にすることがあります。スーツを購入するときには、自分の手持ちの服と照らし合わせて、より着回しできそうなものを選ぶといいでしょう。

母親らしい上品さを持ち合わせた素敵なスーツを着こなして、大切な入学式に花を添えたいですね!