成人式の着付けにかかる時間はどれくらい?その準備の仕方

成人式当日というのは、なかなか慌ただしいものです。ドレスで式典に出るという場合はメイクとヘアセットくらいで良いのですが、「着物を着る」ということになれば、かなり時間がかかってしまいます。

そのため「どれくらいの時間がかかるのか」というのを、しっかり把握しておくことが必要です。

「着付け」はどこまで?それぞれの工程にかかる時間

「成人式の着付け」というのは、どこまでのことを指すのかということも考えておかなければなりません。例えば「メイクとヘアセットは違うところでやってもらう」という場合であれば、単純に「着付け」の時間だけで済みます。

ただ、実際には「ヘアセットもメイクも着付けも、全て同じ美容院でやってもらう」という人のほうが多いかと思います。それぞれにかかる時間の目安は、以下の通りです。

ヘアセット…30分~45分
メイク…15分~30分
着付け…30分

もちろん、これはほんの一例です。ただ、髪の毛が長く自分の髪の毛で結うという人の場合でも、2時間ほどで済むというケースが多いようです。つまり、トータルコーディネートで1時間~2時間程度と考えると良いでしょう。

成人式の着付け、その実態に迫る

しかし、実は上の「着付け時間」には大きな落とし穴があります。それが、「成人式は美容院にとって、1年で一番の繁忙期である」ということです。

10時にセレモニーが開催されるから、余裕を見て7時45分に美容院に到着しようという考え方では、基本的にはかなり厳しいと言わざるを得ません。

美容院側もスタッフを増やして対応をしていますが、予約の段階で「その日は朝の6時にしか、もう予約が取れません」と答えられることも珍しくないでしょう。このため、実際にはかなりの早起きが必要になります。

「その時間にはちょっと無理そう」という人は、前日に髪の毛だけをセットしてもらうという方法もあります。しかし、これもなかなか問題点が多いのが現状です。

前日にセットしてもらうと、寝ている時にどうしても髪の毛が崩れてしまいます。当日、着物を着る段階である程度手直しはしてもらえますが、やはり理想的なのは当日にセットしてもらう方法です。

どうしても早起きが厳しいということであれば、1年ほど前に近所の美容院で予約をしておくなどの対応が必要になるでしょう。成人式の時の「着付け時間」は、普段のそれとは意味合いが異なるのです。