着物と帯の美しい組み合わせ方

「着物」は、それ単体で存在するものではありません。襟や帯、あるいは草履などとワンセットになって、初めて魅力を持つものです。

そのなかでも、特に重要なのは「帯」でしょう。帯は、単純に着物と肌を密着させ、着くずれさせないように締め付けるものではありません。それ自体が1つのファッションアイテムであり、また、着物の「相棒」でもあるのです。

ここでは、着物と帯の美しい組み合わせ方について考えていきましょう。

帯を選ぶ時の注意点3つ

帯を選ぶ時の注意点は、3つです。

・着物に合わせた格のものを選ぶ
・色の調和を考える
・素材を考慮する
1つずつ見ていきましょう。

他のものに関してはある程度「個人の好み」があるのですが、もっとも気を付けたいのは、「格」です。

例えば、もっとも格式高いとされている黒留袖や五つ紋付色留袖。このようなものに添えられる帯は礼装用袋帯と決められています。現在流行っている染め帯や、洒落袋帯と呼ばれるものは使ってはいけません。逆に外出着として使える訪問着などには、名古屋帯や洒落帯などが合わせられます。

特に礼装に格が大きく劣る帯を合わせることが厳禁です。後々まで物笑いの種にされてしまうので、注意が必要です!

色や素材の合わせ方

上でも挙げたように、礼装用の着物にはさまざまな決まりがあります。ただ、それ以外の普段着や外出着の着物の場合、格さえ考慮すれば、ある程度帯は自由に合わせても良いでしょう。ただ色や素材を考慮すれば、よりまとまりやすくなります。

よく言われることですが、同系色の色でまとめると落ち着いた印象に仕上がります。例えば、青色と水色の組み合わせなどですね。浴衣などでよく見る組み合わせなのではないでしょうか。

逆に緑と赤色のように反対の色を使うと、とてもオリジナリティのある組み合わせになります。「ちょっと冒険をしたい」という若い世代にも人気の組み合わせです。

素材の選び方は染めの帯と染めの着物、織の着物と織の帯、それぞれの組み合わせが可能です。「この組み合わせはNG」というものは特になく、個人の好みで選んでも良いとされています。

個性を出したいのなら織の着物と染めの帯を、暖かみのあるイメージを演出したいのであれば染めの着物と染めの帯を合わせると良いでしょう。

帯と着物の組み合わせ方は多種多様です。基礎知識を押さえつつ、自由に楽しみたいですね!