お正月・新年に!着物の楽しみ方

よく言われることですが、着物は着慣れると洋服よりも着心地が良く、過ごしやすいと言われています。お正月や新年に着物を着る人も多いかと思いますが、2つの楽しみ方を紹介しましょう。

晴れ着としての「着物」をまとう

「お正月に特別なところにレストランに行く」
「毎年行っているお参りに行く」
という場合は、やはり「晴れ着」としての格が欲しくなるものです。

未婚者なら、やはり振袖が良いですね。お正月の場合、多少派手な模様であっても不自然さを感じることはありません。

ちなみに「お正月に振袖はふさわしくない」とする説もありますが、「まったく問題ない」とする説も多く、お正月と成人式、両方で振袖を着る人も多いようです。

ただ、外に行く場合は防寒が必須です。おすすめしたいのは、白くてもこもこしたショールです。暖かさも十分ですし、かわいらしさもあります。

既婚者の人や「そこまでフォーマルな場所に行くわけではない」という場合は、便利な訪問着や付け下げを使うと良いでしょう。

この2つは、準正装とも呼ばれるものであり、ある程度フォーマルな場所~レストランまで、気軽に使うことができます。洋装のワンピース~アフタヌーンドレスにあたるものであり、結婚式にも食事にも使えます。当然、お年賀参りなどにも最適です。

それ以外の時に使いたいのは?

改まった場に行くのでなければ、綿やウールといった手入れのしやすいものを選ぶと良いでしょう。これらは多少汚してしまったとしても、シミ抜きなどがしやすく大けがになりません。ちょっとしたお出かけならば、これらを採用しても失礼にはあたらないため、一着は持っておくと良いでしょう。

現在は、着物の着方も多様化しています。「日本髪をあえて結わない」「和洋をあわせた雰囲気の大胆なヘアアレンジをする」という、ヘアスタイルの変遷からもそれを見て取ることができます。

帯留めに花を使ったものや、大胆な配色をしたもの、レースをあしらったものなど、さまざまな柄も出ています。

襟なども洋風になったものなどが出ており、私たちのイメージする「着物」とは少し違う、「新世代の着物」と呼べるような商品もたくさん打ち出されています。選ぶ楽しみも増えてきており、若い世代に愛されるものもいろいろあります。ネットなどで探してもいいですね。

一年の計は元旦にあり。せっかくのお正月、来年は着物で決めてみてはいかがでしょうか。