留袖に似合う髪型とメイクを考えたい!

着物に似合う髪型というと、私たちはついつい振袖に似合う髪型を考えてしまいます。しかし振袖は基本的に未婚の女性が着るものです。また地方によっては、「未婚であっても、30歳を過ぎたら振袖は着るべきではない」と考えているところもあります。

このように振袖を着られる期間というのは、実のところそれほど長くはないのです。既婚者が長く付き合うのは、やはり「留袖」です。そこで、ここでは留袖に似合う髪型を考えていくことにしましょう。

留袖を着る時の基本的な考え方

結婚式などで留袖を着る場合、ある程度は髪の毛にボリュームを持たせることが必要です。

振袖の場合、振袖自体が非常に華やかでインパクトが強いものですから、新婦さんに配慮して少し地味目に抑えるのが良いと言われています。しかし留袖はそうではありません。ある程度ヘアスタイルを工夫して、華やかに見せると良いでしょう。

基本的には、髪の毛をアップにするという方法が採られます。場合によってはウィッグを使っても良いでしょう。パールなどの光る素材をあしらうと、上品に、かつ華やいだ雰囲気を作ることができます。

留袖の時のメイクは、アイラインをはっきりと入れるようにすると映えると言われています。ファンデーションも明るいものを選び、チークなども心持ち意識してしっかりと置くようにします。自信がない場合は、美容院に頼みましょう。

葬儀の時はどうするか

ただ留袖を着る機会は、おめでたい席だけではありません。葬儀の場などでも使うことになります。

この時は、結婚式の場合とはまったく違います。髪の毛をアップにするのは変わりありませんが、ヘアアクセは基本的には使用しません。使うのはピンなどのように、あくまで「髪の毛をまとめる」ためのものです。

また化粧も、「片化粧」と言われる控えめなものにするように心がけます。具体的に言うと、口紅は原則使わないようにします。現在では、「薄い色の、派手になりすぎない口紅ならば良い」とする説もありますが、唇の荒れがとてもひどく見苦しいという時以外は使用しないほうが無難です。

これは、「悲しみがひどく、紅をさすことすらできません」という意味があるものです。もともと葬儀は、「華美にならないこと」を基本とする場所です。結婚式の時とは違うことを意識して、それにふさわしい装いをするようにしましょう。