着物の種類の基礎知識~正装編

さまざまな考え方がありますが、現在でも「正装の最上級のものは、きちんとした選び方に添って選ばれた着物である」という考え方が根強いのも事実です。しっかりとした知識に基づいて選ばれた和装は、あなたの印象を二段階も三段階も上げてくれるでしょう。

しかしそのようなものだからこそ、きちんとした基礎知識なしに選んでしまっては、逆にバッシングの元となってしまいます。ここでは、着物の種類にまつわるお話しを「正装編」としてお送りしたいと思います。

着物の種類、あれやこれ

1.振袖

恐らく、もっとも有名な着物の種類がこれでしょう。華やかで見目麗しく、人目をひきます。成人式の時などにも用いられます。

もっとも派手な大振り袖、その下の中振袖などがありますが、原則として、これを着て結婚式に参列できるのは未婚の女性だけです。さまざまな種類があり、選ぶ楽しみがあるのも魅力です。

2.留袖

黒が基調になっているものが多いというイメージですが、色留袖と呼ばれるものもあります。袖が短く、既婚女性の礼装です。

3.訪問着

年齢、既婚未婚問わずに着られるものです。正装用として広く知られており、模様が繋がって見えるのが最大の特徴です。どんなシチュエーションでも使うことができ、かつ選ぶ楽しみもあります。

「訪問着はもともとは普段着だったのだから、準礼装だ」とする説もありますが、いずれにせよ着回しのきくカテゴリーと言えます。

ここから見えてくるものは?

もちろん、着物の種類はこれにとどまりません。他にも色無地や付け下げと呼ばれるものなど、さまざまな着物が用意されています。

しかし、それらのどれが「礼装用」であり、どれが「普段着用」であるかというのは、素人にはなかなか分かりにくいものです。なかには、自分が親からもらった着物がどの種類にカテゴリー分けされるか分からない、という人もいるかもしれません。

洋装文化が根付いた今、着物というのはなかなかなじみのないものだからです。

しかし結婚式などに着ていくつもりであれば、「自分が持っている着物がどれにあてはまるか」「それは、今の自分の状況で着ても失礼なものではないか」ということは確かめておく必要があります。

どうしても分からないということであれば、着付けを頼むつもりの美容室に一度着物を持参して、確認してもらうとよいでしょう。

せっかくの着物、きれいに正しく着こなしたいですよね。