七五三の着物のマナーと基本的な装い

神社などに行く時、たびたび見かけるのが「七五三のお祝い」です。いつもよりおめかしした子どもが、たどたどしい足取りで千歳あめを持って歩いている光景を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

このような光景は見る人を笑顔にさせてくれるものですが、自分達が当事者になった時に困るのが、「七五三の着物のマナー」です。ここでは、それらの疑問点を解消していきたいと思います。

男女別、年齢別で違う

一口に「七五三のお祝い」と言っても、その装いは男女や年齢によって違います。ここで簡単にお話しましょう。

3歳の時の女の子の装いで特徴的なのは、帯を結ばないということです。また「被布(ひふ)」と呼ばれる、襟のついた赤色の布を被ります。それに、女の子らしい髪飾りをあしらいます。

基本的には赤色を中心にまとめますが、「上の女の子が6~8歳なので、一緒にお祝いをする」ということであれば、姉妹でお揃いの着物を着せても可愛らしいものです。

男の子の場合は、羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)と呼ばれる模様を採用します。これに、へこ帯(柔らかい布地で作った帯のこと)を締め、袖なしの羽織を羽織ります。

5歳の時も、男子は同じように行います。ただ、現在では雄々しい虎などをモチーフにしたものも人気です。扇子と守り刀を持つのが、もっとも大きな特徴です。

※地域によって差はありますが、基本的には「男の子のお祝いは3歳と5歳、女の子のお祝いは3歳と7歳」とし、ここでは「5歳の女の子の装い」「7歳の男の子の装い」は取り上げません。

7歳の場合は、肩上げなどをつけたスタイルを採用します。帯は丸帯で、紅白などのおめでたい帯締めを使います。御所車(ごしょぐるま)などの模様もよく使われ、ピンクや赤色なども人気です。ただシックで落ち着いた紫色なども使われます。

装いのあれやこれ

ただ、ここで挙げたのは、あくまでほんの一例です。「神社にお参りする時は着物だけれど、写真撮影は洋装で行う」というようなスタイルもよく採用されています。

この年頃の女の子の場合は、装いにこだわりが出てくるのも事実です。そのため、保護者が「かわいいからこれにする!」と先走って決めてしまうと、肝心の主役がご機嫌斜めになってしまうことも。

親子で納得できるデザインのものを選ぶのが、もっとも大切です。現在はレンタル商品も豊富ですから、好きなものを選べますよ!