男の子の七五三は何歳の時にすればいいの?

七五三の起源は、室町時代にまで遡ると言われています。「三歳、五歳、七歳」の時にお祝い事をするという風習には、実は理由があります。

七五三の風習ができた時代というのは、乳児の死亡率が極めて高かったのです。室町時代の場合、乳幼児を含めた平均寿命が15.2才だったということからもそれが分かります。

このため戸籍への登録は、出生後3年を待ってから行われました。七五三のお祝いというのは、「その年まで生き延びることができ、死亡率の高い乳幼児の時を乗り越えた」という観点から行われるようになったと考えられています。

男の子の七五三、何歳の時に祝う?

男の子の七五三のお祝いは、基本的には3歳と5歳のタイミングで行うと言われています。3歳は男女共に共通で、女の子の場合は3歳と7歳のタイミングです。

3歳の時は、「髪置(かみおき)」という名称でも呼ばれます。これは乳幼児のふわふわした髪の毛から大人の髪の毛に近づき、髪の毛を少しずつ伸ばす時期であることからこのように言われています。5歳の時は武家社会などで袴を着け始める時期であることから、「袴着(はかまぎ)」とも呼ばれています。

ただし、これらはあくまで「基本形」にすぎません。実際には地方差が大きく表れることになるので必ずしもこの通りとはいきません。また男の子の2人兄弟で3つ違いの場合、3歳と6歳、あるいは2歳と5歳の時に一括で行う、ということもあります。

現在は特にこの傾向が顕著であり、「それぞれのライフスタイルやスケジュールに合ったお祝いを」と考える人が増えているようです。

男の子の七五三、どこにお参りにいくの?当日のスケジュールは?

七五三のお祝いは、基本的には近所の神社に行くのが普通です。ただし、これもその家族によって違います。代々この神社にお願いしてきた、もしくは神社に新職者がいないなどの事情がある場合、遠方の神社で行うこともあります。

当日のスケジュールですが、写真の事前撮りをするかしないかで予定も変わってきます。ただ基本的には着付けをしてからお参りに行き写真撮影、そしてその後食事会という流れになることが多いようです。

3歳の時期のお参りの場合は、5歳の時に比べると子ども故の「ぐずり」が起こる可能性も高いです。そのため、スケジュールには余裕をもって動くようにしておくと良いでしょう。