ダイエットに効果的な筋トレとは?

筋トレをすることで身体が引き締まるだけではなく、痩せやすい身体になっていきます。筋トレはどのような作用をもたらしダイエットに効果があるでしょうか。また、効率よくダイエットするための筋トレを紹介します。

筋肉量を増やして代謝量をアップ

人間はなにもしていない状態でも、心臓を動かしたり、体温をキープしたりするなど身体の機能を維持するためにエネルギーを消費しています。これを基礎代謝といい、筋肉量が多いほど代謝量はアップします。

そのため、筋トレによって身体の筋肉量を増やすことで、痩せやすい身体に変えられるのです。特に下半身を鍛えると、太ももに大腿四頭筋、お尻に大殿筋という大きな筋肉がありますので、効率よく筋肉量を増やすことができ、ダイエットに効果です。

成長ホルモンの分泌量も増える

筋トレを行なうことによるダイエット効果は、代謝が上がることだけではありません。筋トレによって成長ホルモンの分泌も促されます。成長ホルモンは夜寝ている間の分泌量が多いとされていますが、筋トレの後も6時間ほどは分泌量が増える状態が続きます。

成長ホルモンには、脂肪を分解する作用もありますので、ダイエットに向いた運動なのです。筋トレと有酸素運動を組み合わせるのであれば、筋トレをやった後に有酸素運動を行うと効果が高まります。

下半身を鍛えるにはスクワット

筋トレの中でも、大腿四頭筋と大殿筋を鍛えられるものとしてスクワットがあります。スクワットにはさまざまな種類がありますが、まずは基本のパラレルスワットをマスターしましょう。

まずは、腕を頭の後ろか腕の前で組んで、背筋を伸ばして、肩幅ほどに脚を開いて立ちます。

次に、ヒザを横に曲げないように気をつけて、息を吸いながら腰をゆっくりと落としていきます。このとき、かかとを上げてしまったり、前かがみになったりしないように気をつけましょう。太ももと床面が平行になる状態で1秒キープした後、息を吐きながら元の姿勢に戻していきます。

さらに効果を高めるならダンベルを使おう

スクワットにダンベルを取り入れた筋トレを行なうと、さらに筋力量のアップやダイエットに効果的です。上半身をひねることで、大腿四頭筋と大殿筋を鍛えられるだけではなく、わき腹のシェイプアップも期待できます。

まず、腰幅に脚を開いて立ち、ダンベルを持って肩の高さでまっすぐ前に腕を伸ばします。そして、腰を下ろした姿勢で、上半身を右にゆっくりとひねりましょう。正面に身体を戻して、次は左にひねります。

筋トレは毎日続けることで、ダイエット効果があります。すぐに結果が出ないと諦めずに、根気よく続けることが大切です。