白湯ダイエットで痩せやすい体質にチェンジ!

最近注目を集めている白湯ダイエット。いわゆる湯冷ましを飲むだけで、本当に痩せられるのか気になる女性も多いですよね。そこで白湯ダイエットのやり方や準備するものなどを紹介します。

白湯ダイエットとは?

白湯ダイエットとは、1日に800mlほどの白湯を日常生活内に飲むダイエット方法です。

まずは朝起きてすぐに、コップ1杯程度の白湯を飲みます。起きたばかりの胃腸は、まだ完全には機能しておらず冷えているとも言われています。そこに、身体に優しい白湯を少しずつ飲みます。白湯を飲んで30分後に朝食を。

その他にも昼食・夕食時にも白湯を飲みます。普通の水道水と白湯の成分を比較した場合、白湯のほうが身体への吸収が良く、排出もスムーズに。そのため自然なデトックス効果が期待され、ダイエットには白湯が良いと注目を集めています。

白湯ダイエットに必要な「白湯」を作ってみよう

では実際に、白湯ダイエットで飲む「白湯」を家庭で作ってみましょう。

白湯を飲むルーツと言われているインドの伝統医学アーユルヴェーダでは、火や風といったエネルギーを取り込んで白湯を作るとも言われています。…が、現代日本の女性はとにかく忙しい!

そんな時には、水をヤカンや鍋に入れ沸騰させ、水などで薄めずそのまま温度が下がるのを待ちます。なかには白湯ダイエットで使う白湯は、ガスの火を通したヤカンを推奨している人もいますが、白湯としての成分は変わりません。

忙しい人や時間を節約したい人は、ポット等で水を沸騰させ自然に冷ました“湯冷まし”を準備すると便利です。

白湯ダイエットの効果は?

芸能人にも愛用者が多い白湯ダイエット。果たして白湯を飲むだけで効果があるの?と疑問を抱く女性も多いようです。

白湯を朝一番に飲むことで、冷えた内臓を優しく温めます。内臓が活発に動くことで血液循環が良くなり、老廃物も排出しやすい身体へと変わっていきます。

血液循環が良くなることで、脂肪の代謝もアップ。結果、痩せやすく老廃物を溜め込まない身体に変化していくので、ダイエットの効果が期待できると言われています。

白湯ダイエットの注意点

白湯ダイエットを行う際に注意したい点は、身体に良いからといって飲みすぎないことです。

成人女性が1日に必要な水分量は、1.5~2リットルと言われています。そのうち食事に含まれる水分量もあるので、飲用の白湯は1日1リットルを目安に準備しましょう。

水は体内を循環しますが、上手く排出されないとむくみに繋がります。むくみを放置すると脂肪の原因になりますので、飲みすぎには注意が必要です。作った白湯は保温可能なポットなどに入れ、1日で飲みきるようにしましょう。