「この刺身、何カロリー?」気になるお刺身カロリー別ランキング12!

「一番低カロリーなお刺身は何だと思いますか?」 ダイエット中に低カロリーな魚介類を選んでいるつもりが「実は高カロリーだった!」なんてこともあるかもしれません。
そこで人気の魚介類の中から「低カロリーなお刺身ランキング」を作ってみました。高カロリーな魚介類ばかり選んでいないか、チェックしてみましょう!

お刺身カロリーランキング

12位 ハマチ

ハマチ

257kca
アミノ酸・ビタミン類を豊富に含むためダイエット中の贅沢にはぴったりですが、脂が多く高カロリーなので食べ過ぎには要注意。

11位 イワシ

イワシ

217kcal
良質のタンパク質や骨を丈夫にするカルシウム、そのカルシウムの吸収率を約20倍にするというビタミンDも豊富に含んでいるイワシ。頭をよくする、ボケ防止に効果があるというDHAが含まれているのも見逃せません。魚好きによると鯛よりも味わいがあるのがこのイワシだとか。

10位 鯛

鯛

194kcal
上品な味・色合いで、「おめでたい魚」として身近な鯛。3〜4月が旬で、「桜鯛」と呼ばれ、ピンクに色づき春の訪れを知らせてくれます。引き締まった身と上品な脂がたまりません。至高の料理といわれている「鯛の昆布しめ」もおすすめ。

9位 サーモン

サーモン

139kcal
サーモンが多く含んでいる「オメガ3脂肪酸」には、脂肪燃焼・メタボ予防・しわやたるみの予防の効果があります。炊き込みご飯、あら汁、塩焼き、ソテー、ホイル焼きなど、飽きずにいろんな食べ方ができるのも魅力的ですね。

8位 カンパチ

カンパチ

129kcal
「ブリ」と「カンパチ」は同じ、と思っている人も多いようですが、実はまったく違う魚。カンパチはコレステロールや中性脂肪を下げ、二日酔いも予防します。また、カリウムの含有量は、魚の中でトップレベル。

7位 マグロ(赤身)

マグロ

125kcal
マグロの栄養は部位により違いますが、 赤身は高タンパク・低脂肪でダイエットに一番適しています。日本人に愛されている「黒マグロ」はどの部位も一級品のおいしさ。しかし、カロリーは高めなので、一緒に食べる食材とうまく組み合わせるのがダイエットのポイント。

6位 ヒラメ(エンガワ)

ヒラメ

124kcal
白身の大様ともいわれるヒラメ。コリコリとした食感のエンガワが好きという方は多いのでは? コラーゲンを多く含み、美肌効果・血管を丈夫にする効果があります。エンガワはヒラメ1匹から寿司4貫分しか取れないため高価。安いエンガワはヒラメではなく、実は「カラスガレイ」のエンガワ。

5位 ウニ

ウニ

120kcal
高級食材のイメージが強いウニ。ウニには妊娠初期に必要とされる「葉酸」がたくさん含まれています。日本人の平均的な摂取量としては十分ですが、ダイエット中の女性が妊娠すると「葉酸」が不足しがちになるため、妊娠初期の女性には特におすすめ。

4位 ホタテ

ホタテ

98kcal
ホタテはタンパク質やビタミン、ミネラルが非常に多く、脂質が少ないとダイエットに最適の食材。プリプリとした食感を刺身で楽しんでもよいですが、貝柱をソテーやサラダにしてもおいしいですね。

3位 イカ

イカ

88kcal
イカはベタイン、タウリンなどが含まれており、メタボリック・シンドロームの予防に最適。低カロリーながらに良質なタンパク質が含まれているので、まさにダイエット向きの食べ物といえるでしょう。コレステロールが多めなので、油を使う調理ではなく、刺身や煮物で食べるのがおすすめ。

2位 甘エビ

甘エビ

87kcal
白身魚や貝類の低カロリーを抑えての、スーパー低カロリー!甘エビにはお肌の水分・油分・弾力を保つために必要なコラーゲンの主原料となるアミノ酸がたっぷり含まれているため美肌にも期待できます。

1位 タコ

タコ

76kcal
世界消費量の半分以上が日本となっている、タコ。脂質・糖質の代謝を活発にする効果があり、「ダイエットのお刺身といえばタコ」というイメージを抱いている人も多かったのではないでしょうか。歯ごたえがよく、腹持ちがいいため、食事制限中の人が満腹感を得るのに向いています。

あなたの好きなお刺身のイメージとカロリーはマッチしていましたか? 魚は肉に比べて低カロリーです。さまざまな健康効果もあり、ダイエットとの相性は抜群です。ぜひ食生活に取り入れてみてくださいね。

*カロリーは100g当たり