「食欲の秋」だって痩せたい 秋ダイエットのコツ

食欲の秋に太りやすい理由を知ることで、秋ダイエットの成功につながっていきます。旬の食材が豊富に並ぶ秋に、痩せるためにはどう過ごすべきなのでしょうか。秋のダイエットを成功させるために、抑えておくべきコツをみていきましょう。

秋はなぜ太りやすい?

暑い夏の間は食欲が落ちやすかったり、冷たいものを摂り過ぎて胃腸の調子を悪くしたりしがちです。秋は過ごしやすく体調も回復することから、食欲が戻ってくるため、つい食べ過ぎてしまう人が多くみられます。

収穫された野菜や果物、海の幸など旬の食材が多く、目でも欲してしまいがちです。

また、人間の身体は冬になって冷えやすくなるのを防ぎ、体温をキープするために、エネルギーを蓄積しておこうとします。そのため、秋は食べる量がつい増えてしまい、太りやすいのです。

調理法を工夫する

旬の食材の豊富な秋に食べたいものを我慢するのはストレスが溜まることです。そこで、調理方法を見直してみましょう。同じ食材を同じ量食べるのであっても、調理方法によって摂取カロリーは異なります。

油を使わない、「茹でる」、「蒸す」、「焼く」の3つの調理方法を基本とします。

油を使って焼きたいときには、オイルスプレーに入れ吹き付けると、簡単に油の使用量を抑えられて便利です。野菜は大き目にカットすることで、噛む回数が増えて満腹中枢が刺激されて、満足感が得られやすくなります。

基礎代謝を上げる

秋から冬になるにつれて、身体が脂肪を溜めこもうとすることから、同じ量を食べていても太りやすくなります。そこで、冬までに身体の代謝を上げておくようにしましょう。

食べ物では、ショウガや唐辛子など発汗作用のあるものを摂ると、体温が上昇しやすくなり、代謝が上がります。運動では筋トレがおすすめ。身体の筋肉量を増やすことで、基礎代謝量がアップします。身体の大きな筋肉を鍛えると効率がよいので、下半身を鍛えるのがおすすめです。

太ももには大腿四頭筋、お尻には大殿筋という筋肉があります。この2つの筋肉を鍛えられるスクワットを続けておきましょう。

夜ふかしをしない

秋の夜長についつい起きていると、口寂しくなり、ついつい何か口に運んでしまいがちです。しかし、夜22時以降は、体内で「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質の量が増加し、脂肪を溜めやすく作用するため、同じものを食べていても太りやすくなります。

また、脂肪の分解を促す成長ホルモンは、寝ている間に分泌量が増えますので、睡眠不足の状態では脂肪が蓄積しやすくなります。ダイエットのためには、夜ふかしは禁物、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

太りやすいとされる秋に気をつけておかないと、ますます冬に太ってしまいます。秋ダイエットのコツを抑えて冬に備えたいですね。