実は太りやすい?夏のダイエット方法

夏は汗をよくかき、暑さからくる体力の消耗も激しいために黙っていても痩せられそう…そう思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、「夏は痩せられる」という考え方は危険な落とし穴だったのです。その理由と夏太りを防ぐためのポイントをご紹介します。

夏は基礎代謝が低下する季節です

冬には体温を守るために体内でのエネルギー消費が盛んにおこなわれ基礎代謝量がアップしますが、夏はどうでしょう。夏は、気温が高いために、体温維持のために使うエネルギーは最小限で済んでしまいます。そのため、冬に比べて基礎代謝量は約1割低下してしまうのです。

暑いというだけで、エネルギーを消費しているように感じるのは単なる錯覚でしかありません。

また、何をしても暑いからとダラダラして活動量が減ってしまったり、食事が冷たい麺類に偏ったり、ジュースやアイスの摂取が増えたりと、油断するとダイエットからは程遠い生活にもなりやすいのです。

汗をかいても痩せることにはつながらない!?

汗を大量にかくことも痩せることにつながると考えがちですが、夏に汗をかくのは、上昇した体温を下げるために体内の水分を蒸発させて体温調節をはかる、いわば生理的反応です。脂肪を燃焼させているわけではないので、ダイエット効果には結びつきません。

むしろ、汗によって体内に蓄えられていたビタミンやミネラルも一緒に流れ出てしまいます。ビタミンB群は脂肪燃焼に欠かせないビタミンでもあるため、不足すると脂肪が燃焼しづらい状態になってしまいます。

夏太りを防いで、健康的に夏ダイエットを成功させるには!?

暑いから、高カロリーのものでスタミナを!や、暑いから、冷たい麺であっさりと!というような偏った生活をやめ、正しい食生活を心がけましょう。汗によって失われがちなビタミン類を補給するには旬の夏野菜をたっぷり摂ることがおすすめです。

水分を多く含んでいるため、理にかなった食材と言えます。また、冷たいものばかり口にしていると知らず知らずのうちに体を冷やし、さらなる基礎代謝の低下を招いて太りやすい体質を作ってしまうことになりかねません。

「暑いから」という言い訳からくる乱れた食生活を改善することが夏太りを防ぐポイントと言えるでしょう。

夏こそ入浴タイムを大切に!

暑い季節はシャワーだけで簡単に済ませてしまう人も多いかもしれません。しかし、夏こそ、しっかりと湯船に浸かる習慣を持ちたいものです。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、1日の疲れをとるだけでなく、冷房などによる夏の冷えから体を温め、基礎代謝アップにも効果があるのです。

どうしてもお湯に浸かりたくない場合は、胸の下あたりまでのぬるめのお湯で半身浴するのもよいでしょう。入浴の前後には水分補給することを忘れないようにしましょう。

夏はどうやらダイエット効果が出にくい季節とも言えそうです。正しい認識のもとにまずはしっかりとした体調維持をおこない、健康的な夏ヤセをめざしましょう。