子供の肥満解消への3つの心得

食生活や生活習慣の乱れにより、子どもでも肥満になる割合が増えてきています。今回は子どもの肥満を解消する心得と方法をご紹介します。

心得その1・食生活のコントロール

子どもの肥満を解消するためには、保護者が食生活をコントロールしなければいけません。

成長期なのでおかずはなるべく多様な食材を少しずつ使い、栄養バランスを取るのがポイント。ご飯や麺、パンなど炭水化物の取りすぎには注意し、ファストフードやフライ類などカロリーの高い食事も減らしましょう。

間食は決められた時間に取るようにして、スナック菓子やジュース類はなるべく止めさせます。一方、高学年になると親の目が届かないところでお菓子やインスタント食品を食べる機会も出てきます。肥満解消のため食生活を正す重要性をきちんと話しておく必要もあるでしょう。

心得その2・運動量のアップを意識

ゲームや漫画、DVDなどがあるおかげで、家の中で体を動かさず過ごす子どもが増えています。

子どもの自主性に任せているといつまでも夢中になってしまうので、親が気をつけて外遊びや運動を促すのが大切です。毎日わずかな時間でも縄跳びやボール遊び、鬼ごっこなど家の周囲で遊ぶだけで運動量はアップします。

また、休日は一緒にハイキングやサイクリングをして、家族みんなで体を動かす習慣を付けたいものです。肥満気味では俊敏な動きが難しく、体力も続かないため運動を苦手と感じる子どもが多くなります。

運動嫌いになるとますます悪循環なので、「体を動かすのは楽しい」と思える遊びやゲームを子どもに勧めてみましょう。

心得その3・規則正しい生活をさせる

子どもが健康的にダイエットするためには、規則正しい生活が基本となります。まずは「早寝早起き朝ごはん」を親が先導し、子どもが活気ある学校生活を送れるようにします。特に夜ふかしをすると就寝前の間食が増えてダイエットには悪影響。

睡眠をしっかり取ると成長ホルモンが分泌され、代謝が上がったり脂肪が燃焼されたりする効果もあります。親の生活スタイルに合わせると子どもの就寝時刻が遅くなる傾向にあるので注意しましょう。規則正しい生活を続けていると体の疲労が蓄積されず、積極的に体を動かせるようになります。

ダラダラすることも少なくなって、普段の生活で代謝量のアップが期待できるでしょう。

普段の生活を見直すことから始めよう!

成長期にある子どもの場合、大人のように無理なダイエットはできません。そのため少しずつでも毎日の生活習慣を変えていくことが、肥満解消への近道となります。

上記のように子どものダイエットは食生活と運動、規則正しい生活がポイントとなりますが、いずれも親の先導と見守りがなければうまくコントロールできません。忙しい毎日でも子どもの状態に目を配り、ダイエットが成功するよう気を配りましょう。

肥満を放置していると子どもでも生活習慣病の危険性があり、学校生活でも対人関係に支障の出ることがあります。子どものためにぜひ親がしっかり意識を持って、生活習慣の改善に努めましょう。