妊娠中のダイエットは子供の肥満に繋がる?

妊娠したら気になるのが体重管理ですね。病院でも、検診の度に体重を計り妊婦と胎児に適切な体重増加を指導されます。妊婦は体重管理に神経質になり過ぎてダイエットを行う場合もありますが、ちょっと待って!そのダイエットが子どもの肥満に繋がるかもしれません。

妊娠中の体重管理

妊娠すると、赤ちゃんの健康のために色んな試みを行います。胎教がいいと聞けば癒しの音楽を聞いたり、カフェインが良くないと聞けばカフェインを絶ったり。

その一つとして、妊婦の肥満が難産に繋がるといわれています。妊婦は無事に出産ができるように体重コントロールにも神経質になってしまいがちです。

妊娠すると脂肪を蓄積し易くなるため、普段の食生活よりもカロリーを気にしてできるだけ体重を増やさないように無理なダイエットを行う妊婦も多いのではないでしょうか。

マウスを使った実験

アメリカでマウスを使った実験が行われました。普通に餌を与えたマウスと7割しか餌を与えなかったマウスの赤ちゃんは7割しか餌を与えられなかったマウスの方が低体重で生まれました。しかし、その後の経過観察で肥満のマウスになり易いことが判明したのです。

体脂肪率は30%高く、血中コレステロール値は50%多いという結果になりました。これは、餌の量が少なかったマウスから生まれた赤ちゃんは、レプチンと呼ばれる食欲とエネルギー消費をコントロールするホルモンの働きが悪くなるためと分析されています。

妊婦のダイエットが子どもを肥満にする!?

マウスの実験結果と併せてアメリカでは、2500g未満で生まれた赤ちゃんは成人すると肥満になり易いというデータがあります。

日本に於いても一時期の過剰な妊婦への体重制限により、低体重児が生まれ易くなった結果があり、そのことが、肥満の子どもが増えた原因ではないかと考えられるようになりました。

昨今の妊婦への体重制限は一時期よりも緩和されつつあります。我が子の健康と無事な出産を考えて妊婦はダイエットを頑張っていましたが、結果的に子どもの肥満を妊婦が作っていた可能性が出て来たのです。

子どもを肥満にしないためには

以上の実験結果から、妊婦は過剰なダイエットをせずに、栄養バランスの取れた食事を行うことがススメられています。もちろんカロリーの取り過ぎは妊娠中毒症などを引き起こしやすく無事な出産の妨げになります。節度ある食事をとることが健康な子どもを育てるための手段になり得るのです。

妊娠したならば、過度な体重への拘りを捨てて美味しくバランスの採れた食事を心がけてください。それが、元気な子どもを育てる手段となります。お腹の中にいる時から我が子の健康を願いたいですね!