昼寝はダイエットの味方??

食後で、眠気を感じやすい昼間。食べてすぐ寝ると牛になるという言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、ダイエットに悪いことばかりではありません。効率的な昼寝で、ダイエットの味方につけてしまいましょう。

昼間に眠気に襲われるのはなぜ

朝食や夕食を食べた後は、さほど眠気を感じないのに、お昼ご飯を食べた後など眠気を感じてしまうのはなぜなのでしょう。食べ物を食べると、体は食べ物の消化を優先的に行います。体のエネルギーが消化器官に集中するということ。

そのため、脳に割り振られるエネルギーの量がどうしても少なくなってしまいます。そして昼間は体内時間も関わり、さらに眠気を感じるのです。本来私たちの体は、午後2時から4時の間に眠気を感じるようにできています。昼間に眠気を感じるのは、生理的な現象のひとつなのです。

昼寝とダイエットの関係とは

実は、昼寝はダイエットと深い関係があります。

特に食後10分から15分ほどの睡眠はノルアドレナリンという成分の分泌を促すからです。ノルアドレナリンとは、新陳代謝を高め太りにくいからだへとしてくれる成分。眠気を我慢して昼間の時間を過ごしてしまうと、ノルアドレナリンがうまく分泌されません。

ダイエットをしたいのであれば、昼寝は効果的な方法なのです。さらに、睡眠不足は食欲を増進してしまいます。残業などで睡眠不足が続いてしまっているときにも、昼寝はおすすめのダイエット法です。

ストレス太りにも効果的です

昼寝はストレス太りにも効果的。ストレスと感じると、人の脳はコルチゾールという物質を分泌します。生体の防御機能を高める物質ですが、ダイエットにはコルチゾールという物質はやっかい者。防御機能が高まるため、からだが危険な状態だと判断し、脂肪をため込もうとするからです。

昼寝には、コルチゾール増加のもとであるストレスを解消する働きがあります。昼寝をすることによって、脳の情報が一時的にシャットアウトされリセットされるからです。ストレス太りでお悩みの場合も、ぜひ実践したいダイエット法ですね。

寝る時間が重要です

昼寝はダイエットに効果的な方法です、寝過ぎは禁物です。

眠ることによって、一時的に体の機能が落ち、痩せにくいからだとなってしまうため。2時間以上の昼寝はやめましょう。昼寝をするのであれば、ダイエット効率がいいとされる30分以内を心がけることが大切です。昼寝は、時間を守れば必ずしもダイエットの敵だという訳ではありません。

ダイエット効果やストレス解消効果はもちろん、昼寝をすることによって、体が覚醒し仕事効率のアップや身体機能の一時的な回復をはかることができます。うまく取り入れて、効果的なダイエットを行いましょう。