簡単痩せ!一日5分でほっそりふくらはぎ!

夏になるとふくらはぎを出す機会も増えてきます。引き締まったふくらはぎは足首を細く、ヒザ下を長く見せる効果もあるので、ぜひ痩せたい部分ですね。そこで、今回はふくらはぎを引き締める簡単エクササイズをご紹介します。

簡単すぎる!つま先立ちエクササイズ

まずは、場所を選ばすどこでもできる超簡単エクササイズをご紹介します。

1.両足を揃えて立ちます。

2.両足のかかとを3~5秒ほどかけてゆっくりと上げていきます。

3.つま先立ちの状態になったら、そのまま10秒ほどキープしましょう。

4.10秒たったら、3~5秒かけてゆっくりかかとを下ろしていきます。

このエクササイズを3~5セット繰り返しましょう。椅子や壁などに手をついて支えても構いませんが、手に体重をかけないようにしてください。慣れてきたら、片足立ちで行うとさらに効果が上がります。

テレビを見ながらできる!足ぶらぶらエクササイズ

この運動も、場所を選ばずにできる超簡単なエクササイズです。

1.両足をそろえて立ち、手は腰に添えます。

2.右足を上げ、足首を90度に固定したまま、かかとをお尻にゆっくりと近づけます。

3.次に、足首を固定したまま、ヒザがピンと伸びるまで足を前に出していきます。つま先で宙を蹴り上げるイメージです。

2と3を10回ほど繰り返しましょう。終わったら、反対の足も同様に行います。つま先が前を向くようにしっかりと固定するのがポイントです。ふくらはぎの筋肉を使っていることを意識しましょう。

寝転んだままできる、ふくらはぎのストレッチ

このエクササイズは寝転んだままできるので、テレビを見たり、本を読んだりしながら行えます。

1.足を伸ばしてうつ伏せに寝転びます。胸の下にクッションなどを入れるとよいでしょう。

2.腰を少し反らして胸を起こします。

3.陰部を引き締め、両足は揃えてピンと伸ばし、足首を直角に曲げてつま先立ちの状態になります。

4.ふくらはぎ、太ももの前と内側に力を入れて、30秒ほどキープしましょう。

これを1日3~5セット繰り返します、呼吸は止めずに行いましょう。また、陰部を引き締めることで骨盤底筋の強化も期待できます。

ふくらはぎの運動でむくみ改善に役立てよう

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、下半身に滞った静脈の血液やリンパ液を心臓に返す働きを担っています。しかし、ふくらはぎには心臓のようなポンプ機能が付いていないため、筋肉を動かすことによって血流やリンパの流れを促すのです。つまり、ふくらはぎのエクササイズを行うことは、下半身のむくみの解消にもつながります。

ふくらはぎのエクササイズは比較的簡単にできることが特徴です。ポイントは、ふくらはぎの筋肉をまんべんなく使っている状態を意識すること。足首を回すだけでもOKですし、階段の上り下りの際にかかとを浮かすだけでも筋力アップに役立ちます。毎日続けて習慣化できるようにしましょう。