入浴後の20分以内が大事!効果的な太もも痩せストレッチの方法

太もも痩せのポイントは入浴後にありました。入浴後のストレッチで、心もからだもきれいになりましょう。

お風呂上りのストレッチが効果的な理由

ストレッチをするならお風呂上りが効果的。お風呂に入りからだが温まることで、筋肉がほぐれ柔らかくなっているからです。筋肉が柔らかい状態になると、からだが硬くても無理なくからだを動かせます。からだへの負担も少ないため、気持ちよく動作を行えるのです。

また、お風呂上りは血行がよくなっているため、ストレッチ効果を得やすいことも理由の一つ。血行がよくなることで脂肪燃焼効果が高まるので、より痩せやすくなります。

太ももの前面を伸ばそう

まずは、太ももの前側を伸ばすストレッチをご紹介します。

お風呂上りに床やベッドに横たわります。次に、片方の足を曲げて足裏をしっかりとお尻にくっつけましょう。あとは腕を使って、気持ちのいいところまでしっかりと伸ばすだけ。立ってでも行えるので、歯磨きの時間と一緒に行っても大丈夫です。

余裕がある場合は、正座になって両足を少し外に出してからゆっくりと後ろに倒れていきましょう。太ももの前面についたたるんだ肉を刺激し、さらにインナーマッスルを鍛え痩せやすくする効果があります。

太ももの裏を伸ばそう

太ももの裏側は、座ったりすることにより圧迫されるため、老廃物が溜まりやすくセルライトもできやすい部分です。ストレッチを行ってしっかりとほぐしてあげましょう。

まず地面に座り、両足を開けるところまで開きます。次に、片方の足を太ももに近づけるようにして曲げましょう。そしてそのまま、曲げていないほうの足に状態を倒していきます。深呼吸をしながら10秒間キープしましょう。伸ばしたほうの足の裏側がしっかり伸びているか確認しながらストレッチを行うことがポイントです。

太ももの内側を鍛えよう

左右の太ももに隙間がない方は要注意。太ももの内側にある内転筋が衰えている可能性があります。内転筋はあまり使われない筋肉で、脂肪がつきやすくたるみやすい場所です。しっかりと鍛えましょう。

用意するものは枕かタオル。椅子に座って、太ももの間にはさみ、太ももに力を入れて緩める動作を行ってみましょう。

太ももは下半身の中でも脂肪がつきやすく、たるみやすい部分です。日頃からストレッチでしっかりと筋肉を伸ばしてあげてください。さらに、お風呂上りは筋肉が伸びやすいため、バスタイム後を狙ってストレッチの習慣をつけるようにしましょう。