たったのこれだけ?即効で痩せる二の腕ダイエット

二の腕の筋肉は、普段の動作ではなかなか使うことのない筋肉です。そのため、意識して鍛えないとダイエットが難しい場所でもあります。そこで、間近に迫った夏に向けて、即効性のある二の腕エクササイズをいくつかご紹介しましょう。

二の腕ダイエットは上腕三頭筋を意識しよう

二の腕のダイエットを行うには、腕の裏側にある上腕三頭筋を鍛えなければなりません。上腕三頭筋は、腕をまっすぐに伸ばした時や、腕を引く動作をした時に使う筋肉です。腕の表側にある上腕二頭筋と異なり、上腕三頭筋は普段の動作ではなかなか使うことがありません。

そのため、きちんとエクササイズが効いていれば、二の腕に痛みや疲れをすぐに感じるはずです。二の腕のエクササイズを行う際は、二の腕に意識を集中させ、しっかりと力を入れるようにしましょう。

水入りペットボトルを使った二の腕エクササイズ

二の腕ダイエットを始める前に、まずはストレッチを行いましょう。片手を上に伸ばした状態から肘を曲げ、手のひらを背中に付けます。反対の手で肘をゆっくり押し下げ、上腕三頭筋を伸ばしましょう。十分に伸びたら反対側も同様に行います。

次に、両手を上に上げ、水を入れた500mlのペットボトルを両手で持ちます。そのまま、二の腕に力を入れながら、両手をゆっくりと後ろに倒していきます。腕を曲げ切ったら、ゆっくりと戻しましょう。この動作を20回ほど繰り返します。エクササイズを行う際は呼吸を止めないようにしてください。

即効性大!両腕ひねりエクササイズ

まずは両手を肩の高さで広げます。この時、右の手のひらを上に、左の手のひらを下に向けてください。次に広げた手と腕が下に下がらないように注意して(床と平行の状態を保ったまま)、親指を中心に一回転させるように肩からひねるイメージで腕全体をゆっくりとひねります。

上腕三頭筋にしっかりと効いていることを意識しながら行ってください。反対の手も同様にひねりますが、難しければ片方ずつ行ってもかまいません。これを1セット20回、1日2セット行うようにしましょう。

腕を後ろに引くだけの簡単エクササイズ

次に腕を後ろに引くだけの簡単エクササイズをご紹介します。

両手を下ろした状態で手を握ります。そのまま、二の腕に意識を集中させてゆっくりと後ろに引くだけ。腕の付け根から引くように気をつけて、限界までゆっくりと引くようにしてください。この動作を20回繰り返します。水を入れた500mlペットボトルを持って行うとさらに効果的です。

二の腕ダイエットは、腕立て伏せのように負荷もかかりませんし、テレビを見ながら気軽にできるエクササイズです。呼吸を止めずに二の腕に力を入れることを忘れないように行いましょう。