心をほぐす脳のマッサージ。アーユルヴェーダ「シロダーラ」で癒しタイム

「脳をマッサージする方法がある」と聞くと、とても不思議な感じがしますよね。しかしシロダーラの施術を受けると、まるで脳がマッサージされてほぐされたかのような、深いリラクゼーションが味わえるのです。シロダーラの特徴や施術の流れなどをご紹介します。

シロダーラはもともと心の治療法

インドにおけるアーユルヴェーダは、治療の1つ。その中でも、頭(シロ)にハーブなどをブレンドしたオイルを流す(ダーラ)、シロダーラは不眠症や精神疾患などの心が関係している病気の治療に使われています。

眉間から頭部全体に温めたオイルを流すことで、アルファ波が増えて深いリラックス状態になり、健康をもたらすと考えられているのです。シロダーラの施術を受けている間は、瞑想状態になったり、ぐっすり眠ってしまう人もいるとか。なお、オイルは個人の体質に合わせてブレンドされます。

本場のシロダーラでは、3日間オイルを流せません

シロダーラのオイルは髪や頭皮につけたままにしておくのが良く、本場インドでは3日間はシャンプーしないほうが良いと医師に言われます。また、日中の過ごし方としては「できるだけ静かに過ごすこと」が重要で、運動なども控える必要があります。

日本にあるアーユルヴェーダのサロンでも、できるだけオイルをつけたままにしておくのが良いという点では同じです。そのため、1~3時間、または一晩洗い流さないことを勧められます。施術後はできるだけ静かに過ごすことを勧められるという点は、日本もインドも同じです。

シロダーラの施術の流れ

まず、シロダーラに関する説明とカウンセリングがあります。体質や体調に合わせてオイルをブレンドするためにも重要な時間です。カウンセリングが終わると施術に入ります。体の緊張をほぐしてからシロダーラの施術に入るため、足浴や足裏・頭のマッサージなどから始めるサロンが多いです。

体がほぐれたら、いよいよ額にオイルがたらされます。オイルをたらす時間は20~30分程度。終わったらタオルで髪をふいて完了です。サロンによってはシャンプーをしてくれるところもあります。

シロダーラを受けると、心身ともにスッキリ

シロダーラの主な効果はリラックス。深いリラクゼーションタイムを得ることで、心はもちろん、体をスッキリさせる効果もあります。質の良い睡眠をとった後のような感じをイメージしていただくと良いでしょう。

ただし、人によっては好転反応で、頭痛や頭重感、体の重さを感じることもあります。そのため、シロダーラを受ける場合は翌日が休みの日にするなど、スケジュールに余裕を持っておくと良いでしょう。

脳をマッサージされる、不思議な感覚。シロダーラで味わってみませんか?ストレス社会で疲れた大人女子にオススメの癒しタイムです。