古代から伝わる脅威の健康法!アーユルヴェーダ式ダイエット法

5000年もの歴史をもつアーユルヴェーダ。食生活の改善やヨガマッサージを取り入れながら体質を引き締める、ナチュラルなダイエット法として知られています。今回はアーユルヴェーダ式ダイエット法の魅力についてご紹介します。

アーユルヴェーダは古代からの健康法です

アーユルヴェーダとは日本語に訳すと生命の科学という意味。古代インドで発祥した5000年の歴史を持つ健康法です。アーユルヴェーダでは、人の特徴をヴァータ・ピッタ・カパの3つに分けてそれぞれの体質に合った健康法を行います。

一言で表すと、ヴァータは痩せて乾燥しているタイプ、ピッタは中肉中背でエネルギッシュなタイプ、カパはぽっちゃりとしていてオイリータイプです。それぞれ食事法、ハーブ、ヨガマッサージによって体質改善を行います。

アーユルヴェーダにとって食事の時間は大切

アーユルヴェーダ式ダイエットでは食事法と食事の時間が重要です。ヴァータ、ピッタ、カパの3つで食事の方法は大きく異なります。

まずは、ヴァータの場合。ヴァータは消化が不安定な体質です。消化の働きが良い昼の時間帯に主食を取ることが良いとされています。また消化不良を起こさないために豆類を控える食事をすることがポイントです。

ピッタは消化力のある人です。ピッタは朝食と昼食を充分に食べることが大切。また、アルコールやコーヒーなどの酸は控えます。

カパは消化が鈍いため、コーヒーなどの刺激物で刺激をすることが大切です。また19時以降の食事はできるだけセーブすることがポイント。

アーユルヴェーダ式ダイエットではハーブを取り入れる

アーユルヴェーダは食事療法だけではありません。ハーブも体質改善のために積極的に取り入れられています。アーユルヴェーダでは、ハーブは体内のエネルギーバランスを整え、正しく取り入れることで健康になれるツールです。ハーブを食すことによって、冷え性やホルモンバランスなど整え病気を防ぐことができます。

アーユルヴェーダで使用するハーブは少し特殊です。一般的に知られているペパーミントやローズヒップなどではなく、ヘナやトゥルシなどといった日本では聞きなれない独特なハーブを使用します。

ヨガマッサージでデトックスする

もう一つ、アーユルヴェーダで外せないのがヨガマッサージです。ヨガマッサージとはヨガのポーズを取り入れたマッサージのこと。

体質改善やストレスの緩和はもちろん、デトックス効果も期待できます。オイルを使用したマッサージ法でリラックス効果があることも特徴です。体質に合わせてヨガのポーズが取り入れられるため、マッサージ以上の効果を期待できます。

アーユルヴェーダ式ダイエット法は、食事やマッサージを取り入れたナチュラルなダイエット法です。また自分の体質に合わせた方法が定められているため、取り組みやすい方法でもあります。古代インドの自然と調和したアーユルヴェーダで是非、体質改善をしてみませんか?