白湯ダイエットするにはいつ飲むと効果的!?朝?寝る前?

体の内側から温めてダイエット効果を高める白湯。どうして白湯ダイエットがダイエットに役立つのか、どのタイミングで飲むのがいいのか、気になるポイントを解説します!

白湯ダイエットで脂肪が燃えやすくなる理由

白湯を飲むと、内臓の温度が上昇します。すると、全身の血液循環が良くなり、基礎代謝がアップする効果を期待できるのです。基礎代謝が脂肪燃焼に不可欠なのはみなさんよくご存知でしょう。

実は白湯を飲むだけで基礎代謝は上がります。さらに期待できるのが、内臓の温度が上がることによって、内臓機能が活発に働くようになる効果です。その結果、老廃物を排出する動きが促進され、余計な水分を排出されることでむくみの解消にもつながります。

白湯はいつ飲むのが効果的?

白湯はまず朝起きたら一番に飲みましょう。寝ている間に、体は思ったよりも冷えています。冷えた体に白湯を取り入れることで内臓の温度を上げると、その後の食事の消化も良くなるため、ダイエットには効果的です。朝食は、白湯を飲んでから30分後を目安に摂ると良いでしょう。

また、朝食の前に白湯を飲むと空腹感を軽減することができます。その結果、無理なく食事の量を減らすこともできるため、食事制限をしたいダイエットには一石二鳥です。

日中は保温ボトルで白湯を持ち歩こう!

白湯は、一日800mlを目安に飲むと良いとされています。飲むたびにお湯を沸かして冷まして……という手順を踏むのは大変ですが、朝沸かしたお湯を保温ポットなどにいれて持ち運べば、一日かけて飲むのも手軽になります。

日中に飲む白湯は、朝・昼・夜の食事中に、コップ一杯を目安としましょう。一気にがぶがぶ飲むのではなく、白湯の甘みを感じながら、ゆっくりすするように飲むのが良いとされています。就寝前は冷えの原因や眠りの質を下げてしまう可能性があるため、あまりお勧めできません。

飲みすぎ注意!過剰摂取は逆効果です

白湯を生活に取り入れる際は、飲む量には気を付けましょう。1日に2リットルほど水分を取ると良いとされますが、白湯の場合は 飲みすぎると必要な栄養素まで排出してしまうといいます。飲みすぎには注意して、適量を摂取するように心がけましょう。

やかんとお水があれば簡単に始められる白湯ダイエット。科学的にも効果が期待できる、手軽なダイエットの一つです。まずは一週間、朝目覚めたらお湯を沸かす習慣をつけてみてはいかがでしょうか。