目指せスラリ美脚!太ももストレッチ

「太ももに自信、ありますか?」こう質問すると、多くの女性は自信がないと答えますね。太ももは、お手入れをきちんとしないと普段使われない筋肉がゆるんでしまいがちに。

そこで太ももストレッチを日常生活に取り入れて、すっきりとした太ももを目指しましょう。

太ももストレッチのポイントは、ゆっくりと筋肉を意識して行うこと

太ももには、大きく分けると前と後ろに筋肉がついています。実際に、ご自身の太ももに触れてみてください。表面が硬くなっていたり、太ももの内側に脂肪の塊であるセルライトが溜まっていたりしませんか?

特に、学生時代は部活などで運動をしていたけれど、社会人になって運動する機会が減った人は要注意!硬くなってしまった筋肉を、ゆっくりとほぐしていくイメージでストレッチを始めましょう。

ストレッチは床に直接脚をついて行うポーズもあるので、ストレッチ用マットなど、脚を傷つけないよう準備をしましょう。

前太もも(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

まずは、前太ももと呼ばれている大腿四頭筋を伸ばすストレッチを行います。

両膝を床についた状態から、右脚を立てます。この時に左脚は床についたままの状態です。右脚を約90度の直角に立て、両手をそっと右ひざに添えます。床についている左脚を、ぐぐっと後ろにゆっくりと下げましょう。

身体を少し前に傾け、このポーズを10秒キープ。脚が少しプルプルしますね。立てている脚を変え、このポーズ1セットを3回繰り返します。

後ろ太もも(ハムストリング)を伸ばすストレッチ

床に座り、両脚を大きく広げます。広げられるだけ脚を開いてみましょう。右脚のかかとを太ももの付け根に近づけるように、グッと内側に曲げ寄せます。

伸ばしたままの左脚の先端に向け、上半身全体を倒します。この時に下になる左手はまっすぐ左つま先を目指し、右手は身体の上から伸ばすと効果的。

身体を倒したまま10秒間キープし、ゆっくりと最初の姿勢に戻します。次は脚を反対に変え、同様のポーズに挑戦。1回3セットを目安に挑戦しましょう。

太もものストレッチは入浴後20分以内に行うと効果的

太もものストレッチは、入浴後20分以内に行うと効果的と言われています。入浴後は身体の血行が良くなっており、脂肪が燃焼しやすいというメリットも。入浴後は脂肪の燃焼が良くなる、すなわち身体が痩せやすい状態になっています。

さらにストレッチ後は、ボディークリームなどを使って、太ももをマッサージするとより効果的。ストレッチにマッサージを加えることで、よりストレッチの効果が高まります。マッサージを行う時は、足先から始めて太ももにかけて行うと効果が高まります。