内ももを引き締めて美脚に!内転筋ストレッチ

女子なら誰もが気になる内もものプヨプヨ。緊張感がなく、だらしなく見えてしまうのが悩みのタネですよね。

この内ももをスッキリさせるためには、内転筋という筋肉を鍛えることが大切です。内ももをスッキリさせるための内転筋ストレッチについてご紹介します。

内ももにキレイなすき間を作る簡単ストレッチ

普段の生活では脚の外側の筋肉を使うことはあっても、内側の筋肉=内転筋を使う機会はあまりありません。椅子に座っている時に脚を開いていたり、あぐらをかいて座ったりとついラクな姿勢をとってしまうという人ほど、内転筋が衰えている可能性が。

内ももを引き締めたいと思ったら、意識して内転筋を鍛えることが必要です。

内ももにキレイなすき間を作るストレッチ

1.右腕を曲げて頭をのせ、身体の側面を床につけて横になる。
2.左脚を前に出し、膝を90度に曲げる。右脚はまっすぐ伸ばす。つま先は前に向ける。
3.伸ばした右脚を少し後ろに引き、できるだけ高く持ち上げる。20秒×3セット。反対側の脚も同様に。

内ももをほっそりさせるストレッチ

1.椅子に座って両脚を伸ばし、右足首を90度に曲げる。
2.曲げたほうの足を持ち上げて左側に寄せたら、1~9までの数字を書く。反対側の脚も同様に。

小尻になれる簡単ストレッチ

内転筋の衰えは、実は内ももだけではなく、お尻にも悪影響が。お尻が横に張り出して広がってしまうのは、内転筋の衰えと骨盤のゆるみが原因です。運動量が少ないと内転筋が衰えて股関節が外に開き、骨盤がゆるんでしまうのです。

小尻になりたいと思ったら、内転筋をダイレクトに鍛えるストレッチがおすすめ。骨盤を正しい位置に戻すとO脚の改善にもつながるので、美脚になりたい人もぜひトライを!

お尻の広がりを解消するストレッチ

1.仰向けに寝て、膝を立てる。肩幅に足を開き、つま先はまっすぐ前に。手のひらは床につける。
2.そのままお尻を持ち上げ、膝から胸元までを一直線に。左右の膝をくっつけて1分キープする。キツイ場合は、休憩を挟んでもいいので1分を目標に。

下半身をほっそりさせたいと思ったら、ストレッチに加えて有酸素運動を取り入れるのもおすすめ。運動が苦手、わざわざ運動をする時間が取れないという場合は、外出した時に大股で早歩きをするだけでもOK。

歩くスピードを上げれば、消費カロリーUP!脚は腰から前に出すようにイメージして、かかとから着地することを心がけて。

内転筋を鍛えるストレッチで、ほっそりした太ももを目指していきましょう!