フェイスラインすっきり!小顔を叶えるダイエット方法

一生懸命ダイエットをしても、なかなか小顔になれない…。そんな経験を持っている人も多いのでは?実は、小顔になれない原因は人によってさまざま。自力で小顔になれちゃうダイエット方法についてご紹介します!

小顔になれない原因3つ

ダイエットをしても顔が痩せない…という人は以下の原因に当てはまるかも?原因をしっかり見極めて、対策をとっていきましょう!

1.むくみ

ダイエットをしたのに顔がパンパンという場合、脂肪がついているのではなく、顔がむくんでいる可能性大。冷えによって血流が滞ったり、睡眠不足などもむくみとして表れます。むくみによる大顔はリンパを流して巡りを良くするのが鉄則。

2.筋肉のこわばり

顔には、側頭筋、眼輪筋、頬筋、咬筋、口輪筋など多くの筋肉が。ガムばかり噛んだり、口の片側だけで噛む「噛みグセ」なども筋肉をこわばらせる原因に。口周りの筋肉を鍛えて、こわばった筋肉をほぐしましょう。

3.骨盤のずれ

骨盤がずれることで、骨格がゆがみ、大顔に見えてしまうことも。簡単な骨盤矯正ストレッチで、骨盤を正しい位置に戻すことを心がけて。小顔矯正サロンなどでプロに任せるのも1つの方法。

おすすめ小顔ダイエット方法3つ

自分が小顔になれない原因が分かったら、毎日のお手入れに小顔を叶えるダイエット方法を取り入れて。

リンパマッサージ

顔がむくみがちな人は、いつものスキンケアにリンパマッサージをプラスするのがおすすめ。

1.親指と人差し指で、頬、口の横のお肉を優しくつまみ、リンパ管を開く。
2.親指以外の4本の指で、顎の先からこめかみに向かって、指をすべらせる。優しい力で下から上へ。
3.耳の前から首に向かって、指をすべらせる。
4.中指と薬指で鎖骨を挟んで、肩から脇の下に向かって指をすべらせる。老廃物を流すイメージで。

ストレッチ

顔の筋肉がこわばっているときには、筋膜をねじるストレッチで顔の筋肉をゆるめて。

1.親指と人差し指で、頬の下にある筋膜をつまみ、外側へねじる。
2.筋膜をねじって顔の筋肉をゆるめたら、顎を上に向けて、首の筋肉を伸ばす。しっかりと伸ばすことで筋肉を鍛えることが可能に。これを20秒キープ。

骨盤矯正

顔の歪みは、骨盤の歪みが原因の可能性も。骨盤を正しい位置に戻す簡単エクササイズを。

1.床に座って両脚を伸ばし、腕を振りながらお尻を片方ずつ浮かせて前進する。
2.前進するときには腕をしっかり振るのがコツ。5分前進すればOK。

小顔グッズで、憧れの小顔に

セルフケアに慣れてきたら、小顔グッズで更なる小顔に!マウスピースを口にくわえて、ゆらゆらとバーを動かすタイプのものや、ローラーでコロコロと顔のお肉をもみほぐすものなど、最近の小顔グッズは種類も豊富。自分に合ったものを見つけて、憧れの小顔に近づきましょう!