一押しで?胸を大きくするツボとは?

バストアップに効果的といわれる豆乳や大豆食品を摂取したり、大胸筋の筋トレやマッサージをしたり、おっぱいを大きくするために日々いろいろな努力をしている人も多いかと思います。ここでは、押して刺激することで胸を大きくするツボを紹介します。

ツボを刺激してバストアップさせる仕組みとは?

まず、バストを大きくするためには乳腺を発達させるか、乳腺の間に脂肪を増やすかという2通りの方法があります。しかし、ただ脂肪を増やすという方法だと、バスト以外の場所にも脂肪がついてしまうので、乳腺を発達させることで“バストだけ”をボリュームアップさせることができます。

この乳腺の発達に必要になってくるのが女性ホルモンです。つまり、女性ホルモンの分泌を促すツボを刺激して、同時にリンパの流れも促進させることで、おっぱいを大きくすることが可能なのです。

必ず押さえておきたいツボ「天渓(てんけい)」

このツボを押すことで乳腺が発達する効果が期待できます。まさに胸を大きくするツボです。ツボの位置は、乳首と同じ高さの乳房の輪郭線のワキで左右にあります。骨と骨の間に位置しているので、押すと少し痛いです。

押し方は、親指を使って、天渓のツボから左右の胸を持ち上げるように内側に押します。左右のツボを同時に刺激するのがポイントです。着替えるついでやお風呂上がりなど、タイミングを見つけて毎日続けて行いましょう。

「だん中(だんちゅう)」「渕腋(えんえき)」も忘れずに

「だん中」というツボを刺激することで、女性ホルモンの動きが活発になるといわれています。女性ホルモンの働きがよくなると、バストアップはもちろん、お肌のコンディションも改善されるという嬉しい効果も♪位置は左右の乳房の間です。

押すと多少痛みを感じるかもしれませんが、最初は弱く、そしてだんだん強めに3秒ほどの時間をかけて押し、力を抜きながら指を離します。

もう1つ「渕腋(えんえき)は、乳首から10cmぐらい外側のわきの下にあります。このツボは肌にハリが出たり、血行がよくなるなどの効果があります。

より高い効果を得るには、ツボを刺激するタイミングも重要

ツボ押しの効果を最大限に引き出すには、体が温まり新陳代謝がよくなっている状態で行うのがベストといわれています。ですから、お風呂上がりや寝る前にリラックスしながらベッドの上で行うのがオススメです。

早く効果を実感したいという気持ちが先走って、何度もツボを押したくなるかもしれませんが、ツボ押しは1回3-5秒を3-5回がちょうどいい回数です。回数よりも1回、1回リラックスしてゆったりとツボを押してください。ツボを押すときに息を吐いて、息を吸いながら指を離します。

正しいツボの場所さえ知っておけば、テレビを見ながら、お風呂上がりに、ベッドの上で…といつでもツボ押しは可能です。バストアップを目指すなら、胸を大きくするツボは押さえておきましょう。