バストアップマッサージの方法

自分でできるセルフマッサージでもバストアップできちゃうんです。バストアップだけじゃなくて女性疾患にも効くという、メリットが多いバストマッサージ。美乳目指してトライしてみましょう。

バストマッサージを効果的に行うためには?

マッサージすることで、バスト周辺のリンパの流れをよくして老廃物を押し出すとバストアップに効果があります。マッサージをより効果的に行うためには体と手が温まった状態がベスト。お風呂上がりや入浴中がおすすめです。

時間の目安は10~15分ほどになります。肌を傷めないように強すぎず弱すぎず適度な強さで押すようにしましょう。手のすべりをよくするためにオイルやバストアップ用クリームをぬって行うと上手にマッサージができますよ。

ハリ感のあるメリハリバストの作り方

ふっくらとした谷間を作りたい人におすすめの手軽にできるマッサージです。バストマッサージは「下から上」「外から内」が基本です。

・バストの下で手をクロスさせて、胸の外から内側へ、鎖骨の下辺りまで円を描くようにバストを持ちあげます。
・左側は右手で、右側は左手でマッサージ。丸いバストをイメージしながらリズミカルに行います。

リンパの流れに沿って行うと血行がよくなり、バストアップに必要な栄養分が行きわたりやすくなります。胸のカップをつぶさないように気をつけて、優しくマッサージしましょう。

乳腺を刺激しボリュームのあるバストに

・片側の胸の下に両手をおきます。
・左右の手を交互に動かして、バストを上へ持ち上げるようにします。
・お腹のお肉も胸の方へ一緒に引きあげることを意識してください。これを左右両方行います。

乳腺まで栄養分や女性ホルモンが届けば、バストアップ効果が期待できます。乳腺を刺激するとバストにハリとボリュームがでてきてふっくらとしたバストも垂れずにキープ。同時に筋肉にも刺激がいっているのでバストの垂れ防止にもおすすめです。

胸筋を鍛えてピンと上向きバスト

片手でも両手でも自分がやりやすいならどちらでもOKです。毎日左右20回づつ行うと、次第にバストにハリがでてくるのを実感できます。皮膚の薄い部分なので、肌を傷つけないように気をつけましょう。

・右の手を左胸の上に置きます。
・親指を除く4本の指を使って手を鎖骨に向かって上へスライドさせます。
・右胸も同じように皮膚を引き上げるように交互に行います。

以上3つの方法を1日1回10~15分かけてマッサージをしてみてください。

女性ならいつまでもハリのある美しいバストでいたいですよね。好きな香りのクリームやオイルを使えばリラックスできてストレス解消にも。入浴中に、就寝前のリラックスタイムにバストマッサージを毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。